NNA ASIA

英GDPが20.4%縮小

過去最大の落ち込み、景気後退

英政府統計局(ONS)は12日、2020年第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP、速報値)が前期比で20.4%縮小したと発表した。過去最大の落ち込み幅となった上、第1四半期の2.2%減から2四半期連続のマイナス成長で、金融危機が直撃した09年以来のリセッション(景気後退)入り。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を受けて導入した封鎖措置の影響が大きく反映されている。

関連記事