NNA ASIA

12年二輪車販売、1割減の700万台超

インドネシアの2012年の二輪車販売台数は、過去最高だった前年から1割減少となる700万台超にとどまった。政府がローン規制を6月に発効し、導入前から金融機関が与信管理を強化した影響などで、3月以降には前年同月割れが続いたためだ。日系4社のうち上位3社はマイナス成長。下落幅は首位ホンダが1桁だったのに対し、ヤマハとスズキは2桁となり、シェアの差は拡大した。