NNA ASIA

広東と天津、福建にも自貿区設置=国務院決定

中国の国務院(中央政府)は12日、李克強首相が主宰する常務会議を開き、広東省と天津市、福建省の3地域で貿易や投資などの規制緩和を進める「自由貿易園区」を設置することを決めた。対外開放の内容については、昨年設立された中国(上海)自由貿易試験区(上海自貿区)での試験的な取り組みを基に、各地域に独自性を持たせる方針だ。