NNA ASIA

ユアサの電池、豪の日本製潜水艦購入後押しか

オーストラリアが導入を計画している次期潜水艦で、ジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)製のリチウムイオン電池が、日本製潜水艦の採用を後押ししそうだ。21日付オーストラリアンによれば、日本の防衛省は、2015年から建造予定のそうりゅう型潜水艦4隻について、潜行期間を長くするために、ドイツなどが特許を持つAIP(非大気依存推進)システムの代わりに、GSユアサ製のリチウム電池を採用するという。オーストラリアがリチウム電池搭載をそうりゅう型潜水艦の採用理由にすれば、ドイツなどが求める国際競争入札を拒否しやすくなる。【NNA豪州編集部】