NNA ASIA

湖北

深天馬が武漢で有機EL、事業計画を変更

深セン上場の液晶パネルメーカー、天馬微電子(深セン市、深天馬)は14日、湖北省武漢市に第6世代のアクティブマトリックス型有機EL(AMOLED)の生産ラインを設けると発表した。AMOLEDの需要拡大を背景に、現在建設を進めている第6世代薄膜トランジスタ液晶ディスプレー(TFT―LCD)生産ラインをAMOLED用に全て振り向ける。