NNA ASIA

政府が物流インフラ整備急ぐ、通関施設拡充も

ミャンマー政府は物流インフラの整備を急ぐ。内陸部で貨物の保管・通関手続きを行うドライ・ポートと呼ばれる施設を複数カ所に設置するほか、鉄道でのコンテナ輸送を拡大するために線路の補修に乗り出す。来年末に迫った東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済統合を控え、2014年度(14年4~15年3月)中に整備を終えたい考えだ。