NNA ASIA

アバンザが「進化」、競争視野に高級感演出

トヨタ自動車は2日、インドネシアで最多の販売台数を続けている低価格帯の多目的車(LMPV)「アバンザ」の高グレード車種を投入したと発表した。LMPV市場を切り開いた同モデルは発売から10周年を迎えたが、競合メーカーが続々と対抗モデルを投入していることで競争が激化。ラインアップの強化で先駆者の「進化」を演出し、高シェアの維持を目指す。

NNAからのお知らせ