韓国市場を生き抜く企業戦略

Kr senryaku icon
韓国市場で生き抜いていくために、企業はどういう戦略を立てるべきか――。コンサルティングのプロが、生産性の高め方をはじめ、商品やブランド戦略、営業戦略、組織管理、人事などの項目別に、事例を交えて詳しく解説します。

筆者紹介

リ・ギョンウク
ベクターコンサルティングコリア 代表コンサルタント
すべての文頭を開く

【韓国市場での企業戦略】第9回 対面から非対面へ、生存のため深まる営業の悩み(09/10)

「ニューノーマル」という言葉を最近よく耳にする。これまでの「当たり前」は通用しなくなり、「新しい当た…

続きを読む

【韓国市場での企業戦略】第8回 変異するコロナ、業務プロセスも変異して生き残る(08/13)

「プロシージャ(Procedure)とプロセス(Process)」は違う言葉である。プロシージャとは手順、すなわち作…

続きを読む

【韓国市場での企業戦略】第7回 不確実な未来は肯定性で武装した組織が生き残る(07/09)

夏だ。劇場街では多くのホラー映画が上映されている。ホラー映画は次の場面に何が出てくるか予想できない不…

続きを読む

【韓国市場での企業戦略】第6回 コロナ禍による「2020問題」と企業の生存対応(06/11)

人間の生存と進化を道具の発展と結びつけて考える学説がある。原始的な人間は自分の知的能力を使って道具を…

続きを読む

【韓国市場での企業戦略】第5回 コロナ時代に長期生存するための意思決定(05/14)

調査資料によって異なるが、大部分の企業の平均寿命は10年余りである。特に、80%近くの企業は創業後30年以…

続きを読む

【韓国市場での企業戦略】第4回 成功体験の誤った伝播は生存力を高められない(04/09)

第2次世界大戦当時、英国のロンドンはドイツ軍から多くの爆撃を受けた。ロンドン市民は爆撃のたび、恐怖に…

続きを読む

【韓国市場での企業戦略】第3回 「DX」の真の理解こそが企業生存への道(03/12)

マイクロソフト社の最高経営責任者(CEO)であるサティア・ナデラ氏は、2020年3月期の実績発表後の記者…

続きを読む

【韓国市場での企業戦略】第2回 「現状の正確な把握」が生存経営の始まり(02/19)

多くの災難を主題とした映画の主人公は最後まで生き残る。災難に見舞われた主人公は一般的に、まずは外部の…

続きを読む

【韓国市場での企業戦略】第1回 不確実時代の生存経営は「危機感の共有」から(01/15)

不安感と危機感は違う意味だが、多くの組織がこれを混同している。その感情は似ているが、もたらす結果は全…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン