タイの2020年10大ニュース

News top10
新型コロナウイルイスのパンデミック(世界的大流行)により、アジアの経済・社会は大きな影響を受けました。各国・地域の編集部がコロナ禍に見舞われた一年を振り返り、それぞれの現場からの視点で選んだ「2020年の10大ニュース」をお届けします。注目ニュースをあらためて確認するとともに、2021年の行方も見通します。年末恒例の人気特集。
すべての文頭を開く

【20年の10大ニュース】コロナ禍とデモ、社会に変革(2020/12/28)

新型コロナウイルス感染症がいったん収束した2020年後半は、プラユット首相の辞任や王室改革を求める学生主導の反体制デモが激化した=タイ・バンコク(NNA撮影)
タイの上半期(1~6月)は、新型コロナウイルス感染症対策に伴う経済・社会活動制限の影響を受けて新常態…

続きを読む

【第1位】コロナ禍、GDPが22年ぶり2桁マイナス(2020/12/28)

新型コロナウイルスの感染流行前は多くの外国人観光客でにぎわっていた夜の繁華街も閑散とした状態が続いている=タイ・バンコク(NNA撮影)
世界的な新型コロナウイルス感染症の流行がタイ国内のさまざまな産業に影を落とした。政府が実施した商業活…

続きを読む

【第2位】学生主導のデモ、王室改革に踏み込む(2020/12/28)

学生主導の反体制派がこれまでタブー視されてきた王室改革を公然と要求するようになったことは、タイ社会に大きな衝撃を与えた=タイ・バンコク(NNA撮影)
タイのプラユット首相の辞任や憲法改正、王室改革などを求める学生主導の反体制デモが、8月以降に激化した…

続きを読む

【第3位】タイ航空など破綻、入国規制で打撃(2020/12/28)

タイ政府は5月中旬、政府が出資しているフラッグキャリアのタイ国際航空について、中央破産裁判所に会社…

続きを読む

【第4位】日系百貨店が相次ぎ撤退、地場小売りは再編(2020/12/28)

28年にわたり営業してきた「バンコク伊勢丹」が8月、閉店した。最終営業日には、店舗を背景に老若男女が記念撮影をしていた=タイ・バンコク(NNA撮影)
タイでは今年、日系百貨店の撤退と撤退の発表が相次いだ。8月には、伊勢丹がバンコク中心部の大型商業施…

続きを読む

【第5位】入国規制で駐在員混乱、ホテルは隔離に活路(2020/12/28)

タイ政府は、新型コロナウイルス感染症対策として3月26日に発令した非常事態宣言に基づき、外国人の入国…

続きを読む

【第6位】自動車生産・販売が低迷、EVシフト前進(2020/12/28)

東南アジア最大の自動車生産拠点となっているタイでは、新型コロナウイルスの世界的な流行に伴う自動車需…

続きを読む

【第7位】新常態、ECや食事宅配に追い風(2020/12/28)

新型コロナウイルス感染症の予防のための外出制限や不要不急の外出を控えるなどの生活様式が広がったこと…

続きを読む

【第8位】経済閣僚めぐる人事、国民の政治不信招く(2020/12/28)

民政移管後のプラユット政権が発足してから1年を迎えた7月中旬、ソムキット副首相ら経済閣僚4人が辞任…

続きを読む

【第9位】CPTPP加盟見送り、RCEPは署名(2020/12/28)

タイ政府は、環太平洋連携協定(CPTPP、TPP11)への新規加盟申請を見送った。当初は8月に加盟国…

続きを読む

【第10位】レジ袋配布停止、グリーンリカバリーも始動(2020/12/28)

環境に配慮した商品を専門に扱う店舗としてはアジア最大級となる「エコトピア」=タイ・バンコク(NNA撮影)
タイの大手小売店は1月1日付でレジ袋の配布を一斉に中止した。スーパーマーケットだけでなく、コンビニ…

続きを読む

【番外編】ナコンラチャシマ県で兵士が銃乱射(2020/12/28)

事件現場となった商業施設「ターミナル21コラート」の前で犠牲者を追悼する市民ら=タイ・ナコンラチャシマ県(同施設フェイスブックページより)
タイ東北部ナコンラチャシマ県で2月8日、タイ人兵士が軍施設で上官らを銃撃した後、寺院や商業施設など…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン