東南アジア「先端産業」を見る

Sentansangyo icon
経済成長が著しい東南アジアでは、先進国の法制度を飛び越えてフィンテック など先端産業に関する法規制が進められている。日本との違いや、企業が域内 で事業展開する際に知っておくべきこと、注意すべきポイントなどを、現地在中 の日本人弁護士が事例などを交えながら解説する。

筆者紹介

Mkaz icon

森和孝
日本法弁護士/シンガポール外国法弁護士
One Asia Lawyers パートナー弁護士(シンガポールオフィス)/フィンテック・STOチームヘッド
神戸大学客員教授/日本ブロックチェーン推進協会(BCCC)リーガルアドバイザー
シンガポールに居住し、日系企業の新規事業やスタートアップ、特にフィンテック企業のグローバル展開をサポート。多数のアドバイザーに就任している。オンラインサロン「森小屋」の運営など起業家育成にも力を入れている。

※STO=セキュリティー・トークン・オファリング

すべての文頭を開く

【先端産業を見る】第2回:東南アジアの金融規制 先進するシンガポール、出遅れる日本(11/16)

金融のデジタル化において、シンガポールの先進性を象徴する動きがあった。10月27日に、シンガポールの最大…

続きを読む

【先端産業を見る】第1回:東南アジアの金融規制 国際金融都市としての日本・シンガポール(10/19)

今回から数カ月にわたり、シンガポールを中心とする東南アジアの国際金融規制について、フィンテック(IT…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン