20年ぶりの税制改革 包括的税制法案の行方

170719 taxsystem ph
ドゥテルテ政権は、大規模なインフラ整備などを推進するための財源確保に必要な、包括的な税制改革を20年ぶりに進めようとしている。1)税制改革の背景、狙いと動向、2)5月に下院を通過した税制改革第1弾の法案、3)石油税など同法案内の規定が業界に与える影響について、KPMGフィリピン・ジャパンデスクが解説。
すべての文頭を開く

【包括税制法案】第9回 どこよりも早いTRAIN解説(その3)(01/19)

■6.物品税(車) 当初の予想と反し、下院案、上院案と比べ増税率は、緩やかなものとなった。表6を参照…

続きを読む

【包括税制法案】第8回 どこよりも早いTRAIN解説(その2)(01/18)

■3.フリンジベネフィット フリンジベネフィットに関しても個人所得税の税率変更に伴い、32%から35%へ…

続きを読む

【包括税制法案】第7回 どこよりも早いTRAIN解説(その1)(01/17)

フィリピンで20年ぶりの税制改正となる、税制改革法(共和国法第10963号、TRAIN)が、昨年末に成立した…

続きを読む

【包括税制法案】第6回 法案をひもとく(その3)(2017/09/27)

■5.相続税の税率変更 相続税(Estate Tax)に関しては、現行法の下では、相続する資産が1,000万ペソ(約…

続きを読む

【包括税制法案】第5回 法案をひもとく(その2)(2017/09/13)

■2.物品税(石油関係)の増税 個人所得税の減少に伴い、税収が減ることから、その埋め合わせを行うため…

続きを読む

【包括税制法案】第4回 法案をひもとく(その1)(2017/08/30)

ドゥテルテ大統領の施政方針演説でも政権のキーファクターとして言及された税制改正案は、早期成立に向けて…

続きを読む

【包括税制法案】第3回 背景、狙いと動向(その3)(2017/08/09)

■6.税制改革案の最新動向 2016年12月22日に下院歳入委員会に提出された税制改革案は、17年1月17日に議…

続きを読む

【包括税制法案】第2回 背景、狙いと動向(その2)(2017/07/26)

自ら税制改革の必要性を訴え、市民との対話を進めるドミンゲス大臣(NNA撮影) 
カルロス・ドミンゲス 財務大臣
•アテネオ大学経営学修士(MBA)
スタンフォード大学幹部職研修コース参加
•1984年BPI農業開発銀行頭取に就任
•1986年農業大臣兼環境天然資源大臣就任(コラソン・アキノ政権)
•フィリピン航空社長など、多数の企業の取締役を務めている
•選挙戦においてドゥテルテ陣営の財務責任者を務めた
•ダバオ市のマルコポーロ・ホテル所有者
•ニックネームは「ソニー(Sonny)」
■5.税制改革案をめぐる駆け引き ドゥテルテ政権の税制改革案は、税収増を主目的とし、国民に追加負担を…

続きを読む

【包括税制法案】第1回 背景、狙いと動向(その1)(2017/07/19)

ドゥテルテ政権は、大規模なインフラ整備などを推進するための財源確保に必要な、包括的な税制改革を20年ぶ…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン