華南で光れ、奇美電子の仏山進出

No image icon
台湾光電産業の基幹を担うTFT-LCD(薄膜トランジスタ液晶ディスプレー)パネルメーカー2番手の奇美電子(CMO)が、中国・広東省で存在感を高めている。台湾のパネルメーカーとしては後発の中国進出となった奇美電だが、浙江省寧波に続き、中国屈指のカラーテレビ生産地域である広東省の仏山市南海に進出。サプライチェーン構築を加速し、現地企業のブラウン(CRT)から液晶メーカーへの転身を支援、川上~川下メーカーと組んでのコストダウン計画を進めるなど地元産業への貢献も大きい。本特集では3回にわたり、奇美電の南海での展開、また台湾パネルメーカーの中国への進出状況を紹介していく。
すべての文頭を開く

華南で光れ、奇美電子の仏山進出(第3回)(2008/07/11)

第3回:華南のパネル産業が急成長 鴻海精密工業グループ傘下の群創光電(イノルックス・ディスプレー)を含…

続きを読む

インタビュー:台北市電脳公会・王信陽主任(2008/07/11)

台湾や韓国のTFT-LCD(薄膜トランジスタ液晶ディスプレー)メーカーによる進出ラッシュが続く中国華南地域。…

続きを読む

華南で光れ、奇美電子の仏山進出(第2回)(2008/07/10)

第2回:後発組としてのスタート 奇美電は中国で台湾のTFT-LCD(薄膜トランジスタ液晶ディスプレー)メーカー…

続きを読む

インタビュー:光電科技工業会・林穎毅アナリスト(2008/07/10)

~台湾メーカーの中国シフトと展望~ 今や台湾のTFT-LCD(薄膜トランジスタ液晶ディスプレー)メーカーにと…

続きを読む

華南で光れ、奇美電子の仏山進出(第1回)(2008/07/09)

第1回:奇美電、中国のテレビ基地に進出 台湾光電産業の基幹を担うTFT-LCD(薄膜トランジスタ液晶ディスプレ…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン