エレクトロニクス産業に第3の核(コア)~中科

Special program icon
新竹、台南に次ぐ第3のサイエンスパーク(政策級工業区)として設置された中部科学工業園区(中科)が、台湾経済の成長を支えるエレクトロニクス産業の新たな拠点として注目を浴びている。この急成長を遂げる中科を3回にわたって紹介する。
すべての文頭を開く

エレクトロニクス産業に第3の核(コア)~中科【下】(2006/06/01)

「科学工業園区」の開発は、1976年5月に行政院がその設置を決めたことに始まる。同年8月には6年間にわたる開…

続きを読む

エレクトロニクス産業に第3の核(コア)~中科【中】(2006/05/30)

中部科学工業園区(中科)の発展が経済に与えた影響を、同園区の開発・運営を請け負う開発準備処では総じて「…

続きを読む

エレクトロニクス産業に第3の核(コア)~中科【上】(2006/05/29)

新竹、台南に次ぐ第3のサイエンスパークとして設置された中部科学工業園区(中科)が、台湾経済の成長を支え…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン