会社秘書役コラム 香港企業の管理ポイント

140826secretary hkd
香港企業の秘書役から視た企業管理のポイントとは?新会社条例や具体的な相談事例などを通じて解説いたします。

筆者紹介

中野 由美子(なかの ゆみこ)
香港ビジネス・サポート代表。英国勅令書記士会計士、香港特許秘書、香港パラリーガル。
15年に渡って香港の会社秘書役及びコンサルティング業務に携わった経験を有する。
Hong Kong Business Support Co., Limited
住所:Room 206, Bonham Trade Centre
50 Bonham Strand, Hong Kong
TEL:+852-2151-0852
E-mail:yumiko.nakano@hkbusiness-support.com

すべての文頭を開く

【秘書役コラム】会社(改正)条例2018(1)(02/13)

第73回 香港会社登記所は2018年1月25日に外部通達No. 2/2018を発行し、会社(改正)条例2018(以下、『…

続きを読む

【秘書役コラム】株式譲渡と印紙税(01/23)

第72回 香港法人の株式が譲渡される場合、株式の売買価額もしくは純資産価額に基づく評価の内、高い方の…

続きを読む

【秘書役コラム】書類証明(2)(01/09)

第71回 前回に続き、国・地域間で書類をやり取りする際に必要となる証明に関するお話です。証明や認証に…

続きを読む

【秘書役コラム】書類証明(1)(2017/12/12)

第70回 日本で発行された文書は、当然ながら日本語で記載されているものが殆どで、香港域内の当局や機関…

続きを読む

【秘書役コラム】香港における労働者の権利(2017/11/28)

第69回 香港は何かと雇用主の方の立場が有利で、従業員の保護や権利はなかなか国際的なレベルまで追いつ…

続きを読む

【秘書役コラム】謝罪条例(2017/11/14)

第68回 2015年8月25日のコラムでは謝罪法の制定に向けた審議が進められていることについて述べていまし…

続きを読む

【秘書役コラム】責任者(3)(2017/10/24)

第67回 新会社条例の下、コンプライアンス違反に対して会社と責任者はより厳格に罰せられる可能性が高く…

続きを読む

【秘書役コラム】責任者(2)(2017/10/10)

第66回 会社条例に違反があった場合、会社登記所長官には起訴する権限が与えられています。今年も毎月20…

続きを読む

【秘書役コラム】責任者(1)(2017/09/26)

第65回 会社条例(622章)は、同条例に違反があった場合に責任が問われる人物を「責任者(responsible p…

続きを読む

【秘書役コラム】銀行からの事業情報開示要請(2017/09/12)

第64回 今日、企業の透明性が一層重視されるようになり、会社条例や反マネーロンダリング及びテロリスト…

続きを読む

【秘書役コラム】ACRU 2017から(6)『実質所有者の透明性強化』(2017/08/22)

第63回 第51回のコラムで取り上げました会社の『実質所有者』に関する会社条例の改正案も今年の6月23日…

続きを読む

【秘書役コラム】ACRU 2017から(5) 『TCSPに関する規則』(2017/08/08)

第62回 第51回並びに第52回のコラムで取り上げました通り、来年実施が予定されている金融活動作業部会(…

続きを読む

【秘書役コラム】 ACRU 2017から(4) 『個人情報保護』(2017/07/25)

第61回 香港個人情報プライバシー・コミッショナー事務局(Privacy Commissioner for Personal Data, Hong …

続きを読む

【秘書役コラム】ACRU 2017から(3)『個人情報保護』(2017/07/11)

第60回 今年は香港個人情報プライバシー・コミッショナー事務局(Privacy Commissioner for Personal Da…

続きを読む

【秘書役コラム】ACRU 2017から(2)『会社秘書役のサポート』(2017/06/27)

第59回 今回は、香港証券取引所のKatherine Ng氏の講演『会社秘書役はどの様に取締役を支援できるか』か…

続きを読む

【秘書役コラム】ACRU 2017から(1)『会社秘書役のサポート』(2017/06/13)

第58回 会社秘書役にとって重要なイベントであるACRU(Annual Corporate and Regulatory Update、年…

続きを読む

【秘書役コラム】電子署名(2017/05/23)

第57回 世界各地でデータが勝手に暗号化されて身代金が要求されたり、某国中央銀行から莫大な金額が盗ま…

続きを読む

【秘書役コラム】休眠VS.撤退(2017/05/09)

第56回 香港域内での事業を停止した後の選択肢について、これまで『休眠会社として会社を残す』と『休眠…

続きを読む

【秘書役コラム】登記抹消VS.株主による任意清算(2017/04/25)

第55回 前回に引き続き、香港での事業を停止した後の選択肢に関するお話です。当面、事業再開の目処が立…

続きを読む

【秘書役コラム】休眠vs.事業停止(2017/04/11)

第54回 様々な理由や要因から香港における事業を停止することとなった後、香港法人をどうするべきかとい…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン