フォトエッセイ・なんせんちょうむ

No image icon
生活の驚きや発見をつづった名物エッセイの第2弾。テーマを日韓関係史にしぼりました。自慢のショットだけでなく、専門家の歴史解説も付く豪華版です。解説は、韓日(日韓)関係史学会長などを務めた鄭在貞・ソウル市立大学教授にお願いしました。

筆者紹介

阪本恭彦(さかもと・やすひこ)
1962~68年、クアラルンプールに駐在。2000年よりマレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラムでマレーシア在住。KL日本人会セカンドホーム担当理事、セカンドホームクラブ会長。

すべての文頭を開く

【なんせんちょうむ】下関(2008/09/17)

下関は日韓の歴史を語る上で非常に重要な都市と聞いていたので、この夏、ソウル時代の友人や歴史に興味のあ…

続きを読む

【なんせんちょうむ】尹東柱(2008/09/03)

尹東柱の詩が好きで毎月、彼の詩の朗読をしているグループが福岡にある。そのメンバーの1人にソウルでお会い…

続きを読む

【なんせんちょうむ】京都南部教会(2008/08/20)

以前「パッチギ」という映画を見た。私の尊敬するイ・ボンウ監督の青春をその舞台となった京都の東九条を中…

続きを読む

【なんせんちょうむ】王仁博士(2008/08/06)

木浦(全羅南道)に行った帰りに王仁博士の博物館が近くにあると聞き立ち寄った。聖基洞(ソンギドン)とい…

続きを読む

【なんせんちょうむ】昭和の日本が残る町(ソウル/木浦/釜山)(2008/07/23)

日韓併合時代の古いソウルの地図を駐在員の友人が手に入れたので、それを見ながら日本人町のあった地域を歩…

続きを読む

【なんせんちょうむ】倭館(2008/07/09)

鎖国時代に唯一の外国との窓口は長崎の出島だったと歴史で習ったが、実は朝鮮半島とはオランダよりも貿易量…

続きを読む

【なんせんちょうむ】百済王伝説(2008/06/25)

鄭先生と一昨年、古代史の旅で宮崎をたずねた。その時、百済の王族の親子を宮崎県の2つの神社が奉っているこ…

続きを読む

【なんせんちょうむ】名護屋城(2008/06/11)

佐賀県立名護屋城博物館に行った。資料がよく整理されており見やすい。私が訪れた時は人が少なくゆっくりと…

続きを読む

【なんせんちょうむ】姜コウ(2008/05/28)

松山に俳句の友人グループがいる。誘われて松山に行き、近くの伊予大洲という町に吟行に出かけた。その町で…

続きを読む

【なんせんちょうむ】高野新笠(2008/05/14)

2002年の日韓共同開催のサッカー・ワールドカップ(W杯)のころ、天皇陛下が誕生日に「桓武天皇の生母が百済…

続きを読む

【なんせんちょうむ】世宗大王(2008/04/30)

在韓日系企業の関係者が集まるソウル・ジャパン・クラブ(SJC)の旅行で京畿道の驪州郡にある世宗大王のお墓…

続きを読む

【なんせんちょうむ】済州飛行機格納庫(2008/04/16)

家族旅行で済州島に行ったことがある。この島に旧日本軍の軍事施設が残っていると聞き、訪ねてみた。戦争末…

続きを読む

【なんせんちょうむ】耳塚(2008/03/26)

文禄・慶長の役は不幸な歴史である。豊臣秀吉に派遣された日本軍が手柄を証明するため朝鮮人の耳を削いで塩…

続きを読む

【なんせんちょうむ】二つの仏像(2008/03/12)

京都の広隆寺に日本の国宝第一号の弥勒菩薩半跏思惟像があると聞き、見に行った。この仏像とウリ二つの仏像…

続きを読む

【なんせんちょうむ】西生浦倭城(2008/02/27)

倭城とは豊臣秀吉が行った文禄・慶長の役のとき、日本軍が朝鮮に築城した城のことである。慶尚南道の海岸沿…

続きを読む

【なんせんちょうむ】高麗美術館(2008/02/13)

京都の北のはずれにある高麗美術館という小さな美術館を訪ねた。鄭詔文(チョン・ジョムン)という人が日本…

続きを読む

【なんせんちょうむ】花郎(2008/01/23)

鄭先生と歴史の現場を巡る旅に出た時、ある石碑に出会った。花郎の五戒を記した碑である。花郎はエリート青…

続きを読む

【なんせんちょうむ】松尾大社(2008/01/09)

最近は関西に行く機会があると京都に寄りたくなる。時間があると朝鮮半島とゆかりのある場所を訪れるように…

続きを読む

【なんせんちょうむ】浅川巧(2007/12/26)

知人から紹介を受け、昨年の4月に浅川巧の75回忌に出席した。ソウル郊外の忘憂里(マンウリ)という共同墓地…

続きを読む

【なんせんちょうむ】高麗青磁(2007/12/05)

陶芸の里、利川(京畿道)にある高麗青磁の有名な作家である方徹柱先生の窯元を訪れたことがある。 彼は韓国…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン