芳賀恵のシネマの風景

No image icon
映画の楽しみは役者の演技やストーリーだけではありません。銀幕には街の風景や人々の暮らしが生き生きと描かれています。撮影地は、その国の文化や風習、歴史を雄弁に語る「名脇役」でもあるのです。

筆者紹介

芳賀 恵(はが めぐみ)
札幌生まれ。
北海道大学在学中に韓国を初体験し、90年代前半に韓国映画と出会う。
字幕なしで映画を見たい一念で02年に北海道放送を退職し、ソウルに語学留学。03年よりNNA KOREA勤務。07年春に帰国し、フリーで活動中。

すべての文頭を開く

【芳賀恵のシネマの風景】(最終回)清渓川&東大門(ソウル)(2008/08/01)

国際政策の失敗で就任早々、危機に直面している李明博政権だが、そもそも李大統領が高い支持率を得たのはソ…

続きを読む

【芳賀恵のシネマの風景】富川市(京畿道)(2008/07/04)

当然のことではあるが、近代ものの映画やドラマには必ずといっていいほど日本植民地時代の街が登場する。当…

続きを読む

【芳賀恵のシネマの風景】全州市(全羅北道)(2008/06/20)

ビビンバ、コンナムル(豆もやし)クッパ、キムチ━━。全羅道は肥沃な平野と山海の恵みがもたらす豊かな食…

続きを読む

【芳賀恵のシネマの風景】光州市(2008/05/02)

“民主化運動の聖地”光州広域市は人口140万人。政治的に長く放置されインフラの整備が遅れていたが、1986年…

続きを読む

【芳賀恵のシネマの風景】済州島(2008/04/04)

物価が高い。“東洋のハワイ”と言われるほど温暖ではない。ゴルフやギャンブルをしない限り縁のなさそうな…

続きを読む

【芳賀恵のシネマの風景】南楊州(京畿道)(2008/03/07)

南北共同警備区域の兵士の交流と悲劇を描く「JSA」(2000年)には、板門店が登場する。良く知られている通り…

続きを読む

【芳賀恵のシネマの風景】《第6回》仁川広域市(2)(2008/02/01)

前回に続き、仁川広域市を歩いてみる。今回は西海岸の沖に浮かぶ大小の島を目指す。公共交通機関で島に行く…

続きを読む

【芳賀めぐみのシネマの風景】《第5回》仁川広域市(1)(2008/01/11)

沖に浮かぶ大小の島、港、中華街、歴史的遺産、近代的な住宅街。様々な風景が見られる仁川広域市は、実に多…

続きを読む

【芳賀恵のシネマの風景】《第4回》南原(全羅北道)(2007/12/07)

韓国で最も有名な古典の名作「春香伝」。妓生(キーセン)の娘・春香と両班の息子・夢龍の身分を越えたこの…

続きを読む

【芳賀恵のシネマの風景】《第3回》寧越(江原道)(2007/11/02)

落ち目のロックスターと、彼と長年苦楽をともにしてきたマネジャー。もう一度スポットライトを浴びさせてや…

続きを読む

【芳賀恵のシネマの風景】《第2回》仁寺洞周辺(ソウル)(2007/10/05)

見慣れているはずの風景なのに目新しい。ソウル市内にはそんな所が少なくない。観光名所の仁寺洞付近も、表…

続きを読む

【芳賀恵のシネマの風景】《第1回》密陽(慶尚南道)(2007/09/07)

今年のカンヌ国際映画祭は、チョン・ドヨンの最優秀女優賞の受賞に韓国中が沸いた。彼女が迫真の演技を見せ…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン