東南アジアの日系企業~ポストコロナの組織人事

Postcorona
新型コロナウィルスの拡大によって、東南アジアの日系企業の組織と人材の管理手法が、柔軟性、迅速性、正確性の面で十分でなかったことが露見した。 グローバル企業や大手ローカル企業はポストコロナも継続的に組織・人材力を強化することが想定され、ますます日系企業との競争力に差が開くことが予見される。日系企業が競争力を維持するために必要な組織人事的な課題への対応を、グローバルの潮流と合わせて紹介する。

筆者紹介

南 知宏

デロイトトーマツコンサルティング合同会社マネジャー
すべての文頭を開く

【コロナ後の組織人事】第5回 現地人事担当者の育成が肝(07/03)

これまで4週にわたり、新型コロナウイルスに伴って現地法人(現法)で浮かび上がった大きく3つの組織人事…

続きを読む

【コロナ後の組織人事】第4回 迅速な意思決定や業務推進と働き方改革(06/26)

新型コロナウイルスの影響で、現地法人は好む、好まないにかかわらずリモートワーク(遠隔勤務)を導入し、…

続きを読む

【コロナ後の組織人事】第3回 現地人材の育成とゼネラリスト化(06/19)

新型コロナウイルスの感染拡大以前から、日系企業は現地社員の育成に苦労してきた。会社が期待する「能力」…

続きを読む

【コロナ後の組織人事】第2回 弾力性のある要員管理(06/12)

新型コロナウイルスの拡大以前から、無駄のない組織構造や要員管理が不十分な日系企業が多くみられ、業務量…

続きを読む

【コロナ後の組織人事】第1回 浮き彫りになった日系企業の課題(06/05)

新型コロナウイルス収束後に日系企業が競争力を維持し続けるために、組織人事的な側面から採るべき3つの施…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン