現場からのミャンマービジネス法

Bizhou
2013年からミャンマーに駐在し、進出を検討する日本企業へのアドバイスを手掛けてきた弁護士が、ミャンマーの法律情報とともに、実務に役立つ現地特有の背景事情を解説する。

筆者紹介

湯川 雄介(ゆかわ ゆうすけ)
西村あさひ法律事務所ヤンゴン事務所代表、日本国弁護士

すべての文頭を開く

【ビジネス法】第8回・2014年のミャンマー法実務を振り返る(2014/12/24)

本年も残すところわずかとなったが、本年最終回の本稿においては、2014年のミャンマー進出関連法務について…

続きを読む

【ビジネス法】第7回・合弁に関する留意点(2)(2014/11/19)

前回は、日系企業がミャンマー資本との合弁によりミャンマーに進出する場合の留意点について、合弁のメリッ…

続きを読む

【ビジネス法】第6回・合弁に関する留意点(1)(2014/10/22)

日系企業がミャンマーに進出する場合、自社単独資本で進出するという選択肢(但し、株式会社(現地法人)を…

続きを読む

【ビジネス法】第5回・MICによる外資事業制限に関する新通達(2014/09/24)

今回は、ミャンマーにおける合弁に関する説明をする予定であったが、8月中旬にミャンマー投資委員会(MI…

続きを読む

【ビジネス法】第4回・ミャンマー進出の選択肢(2014/08/20)

前回は、ミャンマーにおける「法的インフラの未整備」という状況を踏まえ、進出を検討する場合のアプローチ…

続きを読む

【ビジネス法】第3回・進出を検討する際のアプローチ(2014/07/16)

前回は、ミャンマーにおける「法的インフラの未整備」について、法令の不存在、条項の欠缺、内容の不明確さ…

続きを読む

【ビジネス法】第2回・「法的インフラ未整備」の実態(2014/06/18)

ミャンマー進出に際しては、「電気・水道・通信・交通網等の物理的インフラの未整備」と「法的インフラの未…

続きを読む

【ビジネス法】第1回・連載開始にあたって(2014/05/21)

ミャンマーに駐在して間もなく1年半を迎えようとしているが、駐在開始時には一般的・抽象的な情報提供への…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン