ミャンマービジネス法講座

No image icon
アンダーソン・毛利・友常法律事務所に所属する2人の弁護士が、ミャンマーでの企業活動に必要な法律知識を分かりやすく解説します。

筆者紹介

十市 崇(といち たかし)
1998年慶應義塾大学法学部卒業、2000年4月弁護士登録、2005年米国Columbia University School of Law (L.L.M)卒業、2006年ニューヨーク州弁護士登録、2006年英国London Business School (MSc in Finance (masters in Finance))卒業。

波多野 恵亮(はたの けいすけ)
2008年慶應義塾大学法学部卒業、2010年慶應義塾大学大学院法務研究科修了、2011年12月弁護士登録。

すべての文頭を開く

【ミャンマー法律講座】最終回・ミャンマーにおける裁判と仲裁制度(2013/11/13)

【今回のキーポイント】 ・ミャンマーの裁判制度及び外国判決の執行制度は、実務上、十分に機能するとはいえ…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第11回・ミャンマー知的財産法の概要(2013/10/09)

【今回のキーポイント】 ・ミャンマーにおいては現在新たな知的財産法制の整備に向けた立法作業が行われてい…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第10回・ミャンマー労働法の概要(2)(2013/09/11)

【今回のキーポイント】 ・ミャンマーにおいても最低賃金制度が新たに導入されることとなった。 ・労働組合…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第9回・ミャンマー労働法の概要(1)(2013/08/14)

【今回のキーポイント】 ・ミャンマーの労働法制は現在変革期にある。 ・新外国投資法に基づき設立された会…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第8回・ミャンマー会社法の概要(2)(2013/07/10)

【今回のキーポイント】 ・非公開会社であっても、株主は2名以上でなければならない。 ・株主総会の特別決…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第7回・ミャンマー会社法の概要(1)(2013/06/12)

【今回のキーポイント】 ・日系企業による進出は「外国会社」の形態によることになる。 ・定款には基本定款…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第6回・新外国投資法の概要(2):投資優遇措置(2013/05/15)

【今回のキーポイント】 新外国投資法に基づきMIC承認を取得の上設立された株式会社及び支店に対しては、…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第5回・新外国投資法の概要(1):外資規制(2013/04/17)

【今回のキーポイント】 ・外国投資法施行細則では、外国投資法において施行細則に委ねられていた箇所が明確…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第4回:日本企業のミャンマー進出形態(2)(2013/03/13)

【今回のキーポイント】 ・日本企業がミャンマーに支店または現地法人を設立する場合、外国投資法に基づきミ…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第3回:日本企業のミャンマー進出形態(1):~外国投資法に基づく進出~(2013/02/20)

・日本企業が新外国投資法に基づいてミャンマーへ進出する際には、(a)投資委員会から許可された事業に外国人…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第2回:ビジネス法の概要(2013/01/16)

【今回のキーポイント】 ・国営企業法は、民間企業が投資をすることができない業種について規定をしており、…

続きを読む

【ミャンマー法律講座】第1回:法体系と法源(2012/12/12)

「東南アジア最後のフロンティア」といわれるミャンマーでは、2011年3月のテイン・セイン大統領就任を契機…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン