徹底解説 企業の安全配慮義務

Anzen
日本では2015年、出張や駐在といった形態にかかわらず、企業は社員が海外で安全に働けるよう配慮する義務があるという判決が出た。海外で社員が安全・健康に働くために、企業が留意すべき点とは。ラッフルズ・メディカルグループの総合診療医で、現在はホーチミン市に勤務する中島敏彦氏が、企業が考えるべきポイントや、会社としての新型コロナウイルス対策などについて解説する。
すべての文頭を開く

【安全配慮義務】生活習慣病やメンタルにも注意を (第3回)(03/25)

企業が海外に社員を送り出せば、日本国内とは異なる生活・業務環境に従業員を置くことになる。企業にとって…

続きを読む

【安全配慮義務】新型コロナ、「インフォデミック」にも注意 (第2回)(03/24)

世界中で流行し、勢いが弱まる気配がない新型コロナウイルス。海外に拠点を持つ企業にとっては、各種の情報…

続きを読む

【健康配慮義務】海外社員への健康配慮、企業の義務に (第1回)(03/23)

海外に拠点を持つ企業が増える中、日本国内の社員だけでなく、海外への出張者や駐在者に対する健康に、会社…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン