2020年の先進国入りへ~11次マレーシア計画始動

Special program icon
マレーシア政府は2020年の先進国入りを目指し、16年から推進する「11次マレーシア計画(11MP)」を発表した。日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所・新領域研究センターの熊谷聡氏が、11MPに示された道筋と方針を読み解き、日本企業がマレーシアでビジネスを展開する上で、注視すべきポイントなどについて解説する。
すべての文頭を開く

【11次マレーシア計画始動】生産性向上、図れるかが課題:分配重視で無策なら成長できず(2015/06/15)

第11次マレーシア計画(2016~20年)終了時のマレーシアはどのような姿に変貌しているだろうか。本連載の最後…

続きを読む

【11次マレーシア計画始動】東マレーシアの経済振興重視:目標達成に賃金上昇は不可避(2015/06/04)

マレーシアのナジブ政権が2020年の先進国入りに向け、先月に掲げた第11次マレーシア計画(2016~20年、11MP…

続きを読む

【11次マレーシア計画始動】成果強調も厳しい目標設定に:過去5カ年とは異質なトーン(2015/05/28)

2020年の先進国入りを目指すマレーシアは、今後5年間をその実現に向けた最終段階と位置づけ、16~20年まで5…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン