現場力で勝つ

No image icon
東南アジアや中国では、日本で成功したボトムアップ型の現場改善活動は、向いていないとも根付かないとも、一部では言われています。今日の日本とは異質の問題に直面している現場もあるのではないでしょうか。新連載では、海外でも業務改善コンサルティングの経験豊富なエル・エス・アールの田中善吾さんが、工場現場の改善活動をどのように継続発展させるかについて解説します。

筆者紹介

高田英俊
1975年大阪市生まれ。繊維業界紙記者を経て、NNA入社。

すべての文頭を開く

【現場力で勝つ】(第12回)成功は次の出発点(2006/05/08)

現場の改善活動を継続するための第3のポイント“定着の仕組みを整備せよ”の第4回(最終回)です。前回は、…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第11回)定着の仕組み「全員参加」で(2006/04/24)

現場の改善活動を継続するための第3のポイント“定着の仕組みを整備せよ”の第3回です。前回は“地道な活動…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第10回)部下を困らせる(2006/04/10)

現場の改善活動を継続するための第3のポイント“定着の仕組みを整備せよ”の第2回です。前回は“継続を維持…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第9回)「改善=知恵+金(2006/03/27)

現場の改善活動を継続するための第2のポイント“問題解決能力を向上せよ”の最終回です。後半から最後のポイ…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第8回)課題達成型は失格(2006/03/13)

現場の改善活動を継続するための第2のポイント“問題解決能力を向上せよ”の第3回です。今回は「ムダの切り…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第7回)着眼と着想(2006/02/27)

現場の改善活動を継続するための第2のポイント“問題解決能力を向上せよ”の第2回です。前回は「すぐやる」…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第6回)「すぐやる」ことの効果(2006/02/13)

現場の改善活動を継続するための第1のポイントは“ムダを見る目を養え”です。前回は「付加価値をつけていな…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第5回)「動き」=ムダを排除しろ(2006/02/01)

現場の改善活動を継続するための第1のポイント、“ムダを見る目を養え”の3回目です。前回の「物の流れを見…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第4回)流れ“物”を見ろ(2006/01/16)

現場の改善活動を継続的、発展的に実施するための第1のポイントが“ムダを見る目を養え”です。このうち、前…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第3回)「お立ち台」をつくれ(2005/12/27)

今週からは現場の改善活動を継続的、発展的に実施するための3ポイントについてそれぞれ詳しく説明します。ま…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第2回)問題解決能力を向上せよ(2005/12/12)

現場の改善活動を継続的、発展的に実施するためには、3つのポイントを理解することが重要です。前回は「ムダ…

続きを読む

【現場力で勝つ】(第1回)現場改善活動の活力(2005/11/28)

東南アジアや中国では、日本で成功したボトムアップ型の現場改善活動は、向いていないとも根付かないとも、…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン