企業の護身術~最新セキュリティー事情~

No image icon
社内外の犯行や治安状況などを解説し、企業の資産や個人の身を守る方法を伝授。長年の調査と経験に基づく指導。

筆者紹介

桜井 俊之(さくらい としゆき)
1961年東京都出身。84年にセコム入社。大阪勤務などをへて米国に社費留学。その後、セコムテクニカルセンターで海外向けシステム開発や海外事業部で10カ国の技術・業務指導を担当。04年からSECOM INDOPRATAMA副社長。

すべての文頭を開く

【企業の護身術】金属盗難(2007/03/22)

第50回 「企業の護身術」連載第1回(2005年2月24日)で、本コーナーの話題は読者の皆様の生活・仕事に直結す…

続きを読む

【企業の護身術】内部犯行進行度の再チェック(2007/03/08)

第49回 第33回から開始した「テロ」に関す…

続きを読む

【企業の護身術】NBC(核・生物・化学)テロ(2007/02/22)

第48回 第33回(2006年6月29日掲載)からテロに関する記事の連載を開始しましたが、これま…

続きを読む

【企業の護身術】企業脅迫・誘拐(2007/02/08)

第47回 前回は、企業に対する破壊活動(サボタージュ)について解説しました。今回は、さらに一歩踏み込んで…

続きを読む

【企業の護身術】破壊活動(2007/01/25)

第46回 前回まで6回にわたり「企業でのテロ対策」と題して、主に爆弾テロを中心に解説してきました。当地で…

続きを読む

【企業の護身術】企業でのテロ対策(6)(2007/01/11)

第45回 前回の掲載からかなり日数が経過してしまいましたので、過去に解説をしてきたテ…

続きを読む

【企業の護身術】企業でのテロ対策(5)(2006/12/14)

第44回 これまで4回にわたり「直接的なテロ対策方法」、つまりテロの標的になることを避ける方法や万一の際…

続きを読む

【企業の護身術】企業でのテロ対策(4)(2006/11/30)

第43回 PT. SECOM Indopratama 桜井俊之 監修:PT. Nugraha Daya Sejahtera (MADICO) 斎藤亘央 前回まで3回…

続きを読む

【企業の護身術】企業でのテロ対策(3)(2006/11/16)

第42回 これまで、テロ行為を行おうとする者あるいは爆発物などを、企業の敷地内に入れないようにするための…

続きを読む

【企業の護身術】<トピック>長期休暇前のチェック(2006/10/19)

第41回 まもなく始まる長期休暇を前に、読者の皆様も日本への一時帰国や、旅行の準備でお忙しいことと思いま…

続きを読む

【企業の護身術】企業でのテロ対策(2)(2006/10/05)

第40回 前回は、企業でもできるテロ対策として、「立地条件」「外周」「車両用ゲート」に関する解…

続きを読む

【企業の護身術】企業でのテロ対策(1)(2006/09/21)

第39回 第33回から第38回までテロリズムや爆発物検知の一般論について解説してきました。あ…

続きを読む

【企業の護身術】今後の爆発物探知(2006/09/07)

第38回 第34回から第36回まで、さまざまな爆発物探知方法について解説してきました。今回は…

続きを読む

【企業の護身術】英国同時多発テロ未遂事件(2006/08/24)

第37回 英国で航空機爆破を狙ったテロリストが犯行実行の寸前で大量に逮捕されたニュースは世界を震撼させま…

続きを読む

【企業の護身術】爆発物の探知方法(3)(2006/08/10)

第36回 前回までに、爆発物を探知する方法として、物理的サーチ、爆発物探知犬、金属探知機…

続きを読む

【企業の護身術】爆発物の探知方法(2)(2006/07/27)

第35回 前回は爆発物を探知する方法として、物理的サーチ、爆発物探知犬、金属探知機について解説しま…

続きを読む

【企業の護身術】爆発物の探知方法(1)(2006/07/13)

第34回 前回は、「テロ」の中でも当地で最も警戒が必要な「爆弾テロ」を解説するために、使用されやすい爆薬…

続きを読む

【企業の護身術】テロリズム(2006/06/29)

第33回 「本コーナーで取り上げる話題は、『安全、安心、(危険・危害などに対する)防衛手段・警備体制』の…

続きを読む

【企業の護身術】警備業界の世界的な潮流<トピック>(2006/06/15)

第32回 前回は警備員・警備業の成り立ちについて紹介しました。今回は、警備サービスの…

続きを読む

【企業の護身術】業界人も知らない警備業界の歴史<トピック>(2006/06/01)

第31回 1年3カ月(連載回数にて30回)をかけて「内部犯行」について解説して参りましたが、間もなく次…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン