韓国の2019年10大ニュース

2019 top10
韓国の2019年はどのような年だったのか。政治・経済・社会など多方面の視点から、この1年で起きた主な出来事を切り取ります。
すべての文頭を開く

【19年の10大ニュース】こじれる日韓関係、経済にも痛打(2019/12/27)

光化門広場を埋め尽くす「NO安倍」のプラカード。韓国向け輸出管理を厳格化した安倍政権を批判する大規模な抗議集会が開かれるなど、韓国人の対日感情は急激に悪化した。2020年も日韓関係の先行きは見通せない=韓国・ソウル(NNA撮影)
2019年は、日韓関係の悪化が最後まで尾を引いた1年だった。日本が7月に実施した半導体3品目の輸出管理の…

続きを読む

【第1位】輸出管理で日韓応酬、国際分業に亀裂(2019/12/27)

安倍晋三首相と文在寅大統領は12月14日に1年3カ月ぶりとなる首脳会談で輸出管理の厳格化について意見を交わしたが、平行線に終わった。来年以降の先行きは不透明だ(共同)
日本が半導体材料の対韓輸出管理を厳格化したことに対し、韓国も対抗措置として対日輸出管理を強化し、「脱…

続きを読む

【第2位】韓国経済、低成長が「新常態」に(2019/12/27)

韓国銀行(中央銀行)の李柱烈総裁。10月に政策金利を過去最低の1.25%に引き下げた(韓国銀行提供)
韓国経済の低迷ぶりが際立った1年だった。米中貿易摩擦や半導体市況の悪化の影響を受け、けん引役の輸出が…

続きを読む

【第3位】サムスン不振、トップに実刑の恐れも(2019/12/27)

二審の執行猶予判決から一転、差し戻し裁で実刑が宣告される可能性もある李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(共同)
韓国サムスン電子の今年7~9月期の連結営業利益は前年同期比55.7%減の7兆7,800億ウォン(約7,335億円…

続きを読む

【第4位】ボイコット日本が猛威、流通・観光に大打撃(2019/12/27)

ボイコットジャパン運動のターゲットになったカジュアル衣料ブランド「ユニクロ」。物流業者が配達拒否を宣言する事態に(NNA撮影)
日本政府による韓国向け輸出管理強化への抗議として始まった「ボイコットジャパン運動」が、流通や観光に…

続きを読む

【第5位】外資系自動車3社の苦境鮮明に(2019/12/27)

ルノーサムスンの釜山工場で生産される日産「ローグ」。今年で生産終了となるが、代わりの生産モデルは決まっていない(ルノーサムスン提供)
外資系自動車3社が、韓国市場で苦境に直面した。国内市場での顧客離れの加速に加え、強硬な労働組合が重…

続きを読む

【第6位】5Gサービス、世界に先駆け商用化(2019/12/27)

4月3日に韓国初の移動通信の5Gサービス加入者が誕生した(SKテレコム提供)
韓国大手通信3社は4月3日午後11時、第5世代(5G)通信システムに対応した携帯通信サービスを世界に…

続きを読む

【第7位】航空に乱気流、日韓摩擦で旅客急減(2019/12/27)

今年の韓国の航空業界は、乱気流に包まれた1年となった。 日本政府の韓国向け貿易管理強化への抗議とし…

続きを読む

【第8位】ネイバーがSBとタッグ、世界大手に挑戦へ(2019/12/27)

日本で話題となったLINEとヤフーの経営統合は、ネイバーとソフトバンクという日韓の大企業が手を組んだという点でも注目を集めた(NNA撮影)
韓国のネイバーとソフトバンク(SB)が、LINEとヤフーの経営統合を発表した。両社のサービスを連携…

続きを読む

【第9位】GSOMIA迷走、揺らぐ日韓安保(2019/12/27)

日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効が回避されたことを報じる23日付の韓国主要紙(共同)
韓国政府は8月、日本による輸出管理の厳格化措置の撤回を求め、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA…

続きを読む

【第10位】「新南方政策」推進、ベトナム偏重が課題(2019/12/27)

11月には、韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳が一堂に会する「韓・ASEAN特別首脳会議」も開催された(韓・ASEAN特別首脳会議提供)
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が東南アジア諸国連合(ASEAN)との協力を深める「新南方政策」…

続きを読む

【番外編】「タマネギ男」の法相任命強行で物議(2019/12/27)

就任から約1カ月で辞任したチョ・グク元法相。12月末には、検察が逮捕状を請求。逮捕も時間の問題となった(共同)
いくらむいても次々と不正疑惑が出てくるため、名付けて「タマネギ男」――。文在寅(ムン・ジェイン)大…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン