News深読み裏読み

Fukayomi icon
コインしかり、人格しかり、あらゆるものには表と裏の二面性がある。ニュースもその例外ではない。事象の内と外、過去と未来を同時に見ることができ、物事の終わりと始まりをつかさどることから英語のJanuary(1月)の語源ともなったとされるローマ神話の双面神「Janus(ヤーヌス)」のごとく、本コラム「News深読み裏読み」ではインドネシアで起きるさまざまなニュースの表裏や内外、聖俗、過去未来、真偽、浅深を取り上げていくことにする。

筆者紹介

大塚智彦
1957年東京生まれ。84年毎日新聞社入社、ジャカルタ支局長などを歴任。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長などを歴任。14年からPan Asia News所属のフリーランス記者。現在ジャカルタ在住。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道——ジャカルタ報道2000日」(小学館)など。
すべての文頭を開く

【深読み】第14回 寄り添う心と共感で闘い抜く(05/27)

インドネシアのメガワティ・スカルノプトリ第5代大統領とミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家最高顧問…

続きを読む

【深読み】第13回 コロナ統計数に絡む内部告発(05/13)

一向に感染拡大が収まる気配を見せないインドネシアの新型コロナウイルスだが、ジャカルタ市内にある大手民…

続きを読む

【深読み】第12回 難局の今問う日本大使の覚悟(04/22)

新型コロナウイルスの感染拡大が止まることを知らずに急増を続けているインドネシア。17日に累計感染者5,92…

続きを読む

【深読み】第11回 大統領の安眠妨げる深い憂慮(04/08)

新型コロナウイルスの感染拡大がとどまるところを知らず、日本同様にインドネシアも次第に厳しい状況に追い…

続きを読む

【深読み】第10回 新型肺炎ついに自国で感染者(03/11)

長らく自国での感染者ゼロを続けてきたインドネシアで、ついにインドネシア人の母娘2人が初の感染者と診断…

続きを読む

【深読み】第9回 予想通り警官逮捕、いけにえか(02/26)

インドネシア汚職撲滅委員会(KPK)の捜査官ノフェル・バスウェダン氏が襲撃され片目失明の重傷を負った…

続きを読む

【深読み】第8回 対中国強硬へ転換か(02/12)

中国湖北省武漢から中国全土そして世界に拡大しつつある新型コロナウイルスによる肺炎は、東南アジアでもタ…

続きを読む

【深読み】第7回 権益守る北ナトゥナ海波高し(01/22)

南シナ海の南端、インドネシア領であるリアウ諸島州ナトゥナ諸島周辺海域をインドネシアは独自に「北ナトゥ…

続きを読む

【深読み】第6回 パプアでよみがえる現代のペトルス(01/08)

2019年末から20年の年明けにかけてインドネシア東端のパプア州で地元武装勢力と治安維持にあたるインドネシ…

続きを読む

【深読み】第5回 KPK捜査官襲撃事件の暗部(2019/12/11)

ノフェル・バスウェダン氏というインドネシア人の名前を耳にしたことがあるだろうか。インドネシア最強の捜…

続きを読む

【深読み】第4回 ジョコウィ新政権は前途多難(2019/11/27)

ジョコ・ウィドド(ジョコウィ)大統領の2期目の新内閣は、10月23日に発足してから約1カ月を迎えたが治安…

続きを読む

【深読み】第3回 デモに参加した大学生射殺事件の深淵(2019/11/13)

インドネシア各地に広がっていた大学生を中心とする「刑法改正案」「汚職撲滅委員会(KPK)改正法」に反…

続きを読む

【深読み】第2回 パプア問題が根本的に解決しない理由(2019/10/23)

インドネシアの東端、世界でグリーンランドに次いで2番目に大きな島ニューギニア島の西半分を占めるパプア…

続きを読む

【深読み】第1回 ジャカルタのデモが潮流化しないわけ(2019/10/09)

コインしかり、人格しかり、あらゆるものには表と裏の二面性がある。ニュースもその例外ではない。事象の内…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン