台湾法律講座

No image icon
人事、労務面で問題を中心に、台湾の法律を弁護士の視点から紹介します。

筆者紹介

フォルモサン・ブラザーズ(寰瀛法律事務所)
1997年に創設され、現在約30人の弁護士を擁しています。日系企業向けのサービスを行うグループを設け、葉大殷、劉志鵬、黄馨慧、陳秋華の4人の弁護士が業務を担当しています。4人とも日本への留学経験があり、日本語による法律上のサポートを行っています。

すべての文頭を開く

【台湾法律講座】公平会の不動産仲介業に対する規定の解説(2015/05/06)

不動産仲介業者は、家主の依頼を受けて物件を販売する一方、購入者の代理人として家主と価格の交渉を行うな…

続きを読む

【台湾法律講座】改正「公平取引法」上の「カルテル」について(2015/04/22)

「公正取引法」(中国語:公平交易法、以下「本法」)は、1992年2月4日に施行されて以来、これまで5度に…

続きを読む

【台湾法律講座】「企業併購法」上の合併について(2015/04/08)

企業はしばしばM&Aの方式を利用し、同業間の整合や異業者間の結合によって、営業規模の拡大と競争力の強…

続きを読む

【台湾法律講座】電子支付機構管理条例について(2015/03/25)

電子技術の急速な発展は、同時に支払フローにも新たな形態を促進しています。特に、インターネット技術や携…

続きを読む

【台湾法律講座】公平取引法上の「競争制限のおそれがある行為」(2015/03/11)

公平取引法(中国語:公平交易法、以下「本法」という)の立法目的は、取引秩序および消費者の利益を保護す…

続きを読む

【台湾法律講座】食品安全衛生管理法の改正(2015/02/25)

台湾は近年食品安全問題の発生により、立法院は2014年および15年に2度《食品安全衛生管理法》の改正を行っ…

続きを読む

【台湾法律講座】職場の人身事故に関する刑事責任(2015/02/04)

職場で労働者の人身事故が起こった場合、労災事故として職業災害労工保護法や労工保険条例の手当・補償金な…

続きを読む

【台湾法律講座】性別工作平等法改正の要点(2015/01/21)

台湾の性別工作平等法は、2014年6月と12月に2回修正されました。この2回の法改正では、労働派遣の使用者…

続きを読む

【台湾法律講座】「審計委員会」について(2015/01/07)

2006年1月、証券取引法(中国語:證券交易法、以下「本法」という)の法改正により、コーポレート・ガバナ…

続きを読む

【台湾法律講座】行政契約について(2014/12/24)

私人と行政主体との間の権利関係は、行政処分(2014年9月17日の記事を参照)のみによって形成されるわけで…

続きを読む

【台湾法律講座】種類株式(中国語:特別股)について(2014/12/10)

株式には大きく分けて、普通株式と種類株式(中国語:特別股)の2種類があります。種類株式とは、剰余金の…

続きを読む

【台湾法律講座】犯罪捜査のための通信傍受について(2014/11/26)

通信傍受(中国語:通訊監察または監聽)とは、国家機関が犯罪捜査または国家の安全に関する情報を収集する…

続きを読む

【台湾法律講座】財団法人について(2014/11/12)

台湾で、私立学校や研究機関、教会や寺院、病院、基金などを設立する際には、財団法人を設立するのが一般的…

続きを読む

【台湾法律講座】刑事手続と調停(2014/10/29)

刑事手続は、私人と私人との間の紛争を解決する民事手続と異なり、国が犯罪行為に出た人の責任(刑事責任)…

続きを読む

【台湾法律講座】少額訴訟(中国語:小額訴訟)について(2014/10/15)

少額訴訟手続は、通常の訴訟手続と比べ簡便・迅速であり、コストも安いことから、実務上、よりシンプルな請…

続きを読む

【台湾法律講座】知的財産権訴訟における秘密保持命令(2014/10/01)

裁判所組織法(中国語:法院組織法)第86条によれば、訴訟の弁論および判決の言い渡しは、原則として公開法…

続きを読む

【台湾法律講座】行政処分について(2014/09/17)

台湾で事業活動を行う際には、外国人投資許可や、建築許可、開発許可などを取得する必要があります。また、…

続きを読む

【台湾法律講座】労働者派遣と業務請負の違いについて(2014/09/03)

近年、会社の経費や労働力を削減し、国際市場での競争力を増すため、外部の資源を活用する動きが高まってい…

続きを読む

【台湾法律講座】取締役の責任と経営判断の原則について(2014/08/20)

取締役は、会社との委任関係(民法第528条)に基づき、取締役会に出席して会社の業務執行に関し意見を述べる…

続きを読む

【台湾法律講座】 地上権と法定地上権(2014/08/06)

日本企業が台湾で工場など建物を建設したい場合、3種類の方法があります。(1)土地を購入してその上に建…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン