労働関係法の基礎知識

Icon sg.kankeihou
労働関連法の見直しが相次いでいる。2006年の工場法に代わる職場安全衛生法の施行に次いで、08年に労働災害補償法の適用対象者が拡大。労働関連法の根幹である雇用法も13年ぶりに大幅改正、09年1月に施行された。労務管理の難易度が上がる中、企業にとって重要性が増す労働関連法。実例を挙げながら、その内容を紹介していく。
すべての文頭を開く

【労働関係法の基礎知識】第4回(2010/07/26)

雇用主との法的関係 労働の提供者は誰に雇用されているのか、または雇用されていると認識しているのか。判例…

続きを読む

【労働関係法の基礎知識】第3回:シンガポールの労働関連法の紹介(3)(2010/07/05)

労働者の側からすると給与の未払いや突然の解雇などは深刻な問題であるが、それらを解決する手段となると時…

続きを読む

【労働関係法の基礎知識】第2回:シンガポールの労働関連法の紹介(2)(2010/06/28)

シンガポールでは2004年に地下鉄建築現場落盤事故、船舶火災など死者の出た大きな事故が数件起きたが、それ…

続きを読む

【労働関係法の基礎知識】第1回:シンガポールの労働関連法の紹介(2010/06/21)

労働関連法の見直しが相次いでいる。2006年の工場法に代わる職場安全衛生法の施行に次いで、08年に労働災害…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン