豪州ビジネス法最前線

B law aud icon
日豪米3カ国の資格を持つ海外進出・投資案件担当弁護士が、豪州のビジネス法関連の最新情報を紹介する。

筆者紹介

加納寛之(クレイトン・ユッツ法律事務所パートナー弁護士、豪州クイーンズランド州、日本国、米国ニューヨーク州)
早稲田大学法学部卒。同大学院法学修士。第二東京弁護士会登録後、日本の渉外法律事務所で勤務。その後、米国コロンビア大学ロースクール法学修士、米国ニューヨーク州弁護士資格取得を経て、現在、3カ国の弁護士資格を有する弁護士として日系企業の海外進出・投資案件などを幅広くサポート。

すべての文頭を開く

【ビジネス法最前線】第310回 エネルギー(水素) 水素原産地保証・証明制度のトライアル(06/22)

ネットゼロ達成の必要性が世界的に共有され、新興の水素市場において水素の原産地が注目を集める中で、強固…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第309回 労働法(新政権の政策) 労働党による政権奪還と労働政策の展望(06/08)

5月21日の連邦総選挙で労働党が政権を奪還したことにより、今後、雇用の保障に重点を置き、カジュアルやそ…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第308回 訴訟・紛争解決(秘匿特権) 秘匿特権の効用と確保に関する注意点(05/25)

豪州では、日本と異なり、依頼者と弁護士との間のやり取りは、一定の条件の下で秘匿特権(legal profession…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第307回 外国投資規制(違反の罰則) 外国投資の承認に付された条件遵守の報告と違反の罰則(05/11)

外資買収法(Foreign Acquisitions and Takeovers Act)上、財務大臣が外国投資提案を承認する場合、一定の…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第306回 会社法(従業員持株スキーム) 非上場企業の従業員持株スキームの改正(04/27)

2022年10月1日から、非上場企業による従業員持株スキーム(employee share scheme。以下「ESS」といいま…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第305回 環境法(グリーンウォッシング) 実質排出ゼロ・コミットメントとグリーンウォッシング(04/13)

世界中の多くの企業が、一定の目標日までに実質排出ゼロ(net zero emissions)を達成することにコミットし…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第304回 競争法(M&A審査) M&A案件について初めてとなるACCCによる事後審査の実施(03/30)

オーストラリア競争・消費者委員会(Australian Competition and Consumer Commission。以下「ACCC」と…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第303回 会社法(バーチャル会議) テクノロジーを利用した株主総会の開催(4月1日施行の改正法成立)(03/16)

2022年2月10日、テクノロジーを利用した株主総会の開催に関して、会社法を改正するCorporations Amendment…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第302回 労働法(ワクチン接種義務) ワクチン接種を「最新状態」とするブースター接種への対応(03/02)

2022年2月10日、オーストラリア予防接種技術諮問グループ(Australian Technical Advisory Group on Immun…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第301回 外国投資(法改正) 近時の法改正に基づく「国家安全関連事業」の範囲の拡大(02/16)

2021年12月14日、2018年重要インフラ資産安全法(以下「SOCI法」)の改正法が施行され、外国投資法制に…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第300回 会社法(取締役特定番号) 取締役特定番号の申請受付開始(02/02)

2021年11月、Australian Business Registry Services(ABRS)のウェブサイト上で、取締役特定番号(Dir…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第299回 労働法(ワクチン接種義務) COVID-19のワクチン接種を拒否する従業員への対応(2021/12/08)

COVID-19のワクチン接種によりオーストラリア全体が再開に向けて動き出し、政府が特定の産業や職業に従事す…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第298回 労働法(職場調査) 職場調査における公正な手続き(バイアス)(2021/11/24)

バイアスとは、特定の人やグループに対する偏見のことですが、職場において問題が発生した場合に実施される…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第297回 競争法(企業結合規制) VirtusによるAdora買収の仮差止命令(2021/11/10)

2021年10月25日、連邦裁判所は、体外受精サービスの大手プロバイダーであるVirtus Health(Virtus)によるA…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第296回 会社法(取締役特定番号) 取締役特定番号(Director Identification Number)の運用開始(2021/10/27)

以前のコラムでも紹介しましたが、取締役特定番号(以下、「DIN」)とは、政府や規制当局による取締役の…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第295回 環境法(最新情報) 気候変動、生物多様性、インフラ、再生エネに関する最新情報(2021/10/13)

近年、地球温暖化、海洋汚染、水質汚染、大気汚染や森林破壊など、様々な環境問題について議論が繰り広げら…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第294回 労働法(セクハラ関連法改正) 性差別やセクシャルハラスメントに関する法改正(2021/09/29)

2021年9月2日、Sex Discrimination and Fair Work (Respect at Work) Amendment Act 2021が可決され、以下…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第293回 競争法(買収・合併審査) 買収・合併等の審査制度の抜本的見直し(2021/09/15)

オーストラリア競争・消費者委員会(Australian Competition and Consumer Commission)(ACCC)は、オ…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第292回 会社法(バーチャル会議) バーチャル会議を認める新改正法の施行(2021/09/01)

会計年度が6月30日で終了し、もうすぐ多くの豪州企業にとって株主総会シーズンが到来することになりますが…

続きを読む

【ビジネス法最前線】第291回 再生可能エネルギー(洋上風力発電) オーストラリアにおける洋上風力発電の展望(2021/08/18)

オーストラリアでは、洋上風力エネルギーは、より安価で入手しやすい太陽光発電や陸上風力エネルギーに比べ…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン