マレーシア法務のポイント

Horitu
マレーシアに進出を検討する日本企業や進出済みの日系企業が抱える現地の法律関連の課題を概説する。多くの日系企業と顧問契約を締結しており、新たに施行された新会社法や現地従業員の雇用に関する労働法など、実務にのっとった情報を紹介する。

筆者紹介

堤雄史、荻原星治、下田幸輝
日本国弁護士。TNY国際法律事務所。マレーシア弁護士らと会社設立や各種ライセンス取得手続き、労務や知的財産権関連など幅広い法務関連サービスを提供。ヤンゴン、バンコク、大阪、テルアビブ、メキシコにも関連事務所を置く。
HP:http://www.tny-malaysia.com/
連絡先:info@tnygroup.biz

すべての文頭を開く

【法務のポイント】マレーシア労働法(4)(07/26)

第1 マレーシアの労働法総論 3 自国民の雇用保護 マレーシアでは、自国民の雇用義務を規定する明文の…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア労働法(3)(07/12)

第1 マレーシアの労働法総論 3 労働紛争の解決手続き (1)概要 マレーシアにおいて専門的に労働紛…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア労働法(2)(06/28)

第1 マレーシアの労働法総論 2 雇用法の適用範囲 (1)裁判例の紹介 雇用法は、第2条に基づくFirs…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア労働法(1)(06/14)

はじめまして、TNY Consultingの堤と西谷と申します。マレーシアでは労務に関する相談も多く、日本と異なる…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(76)(05/31)

第15 清算手続き 5 清算開始後の手続き 清算手続きが開始すると、清算人が会社の資産から債務を返済し…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(75)(05/17)

第15 清算手続き 4 強制清算 (4)清算申し立ての効果 新会社法472条は、清算申し立て後の会社資産の…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(74)(05/03)

第15 清算手続き 4 強制清算 (3)清算事由(続き) 強制清算が認められる事由は新会社法465条(1…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(73)(04/19)

第15 清算手続き 4 強制清算 (3)清算事由(続き) 強制清算が認められる事由は新会社法465条(1)…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(72)(04/05)

第15 清算手続き 4 強制清算 (1)概要 強制清算では、新会社法464条(1)に記載された者による申し…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(71)(03/22)

第15 清算手続き 3 債権者による自主清算 (1)手続きの開始 会社が債務の返済を行うことができない…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(70)(03/08)

第15.清算手続き 2 株主による自主清算 (2)株主総会決議 会社の定款が会社の存続期間を定めており…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(69)(02/22)

第15.清算手続き 1 自主清算と強制清算 清算手続きとは、会社の債権債務を清算し、会社の登記を抹消す…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(68)(02/08)

第14.会社再建 5.ジュディシャル・マネジメント(Judicial Management、JM) (5)ジュディシャル…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(67)(01/25)

第14.会社再建 5.ジュディシャル・マネジメント(Judicial Management、続き) (3)裁判所の命令 J…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(66)(01/11)

第14.会社再建 5.ジュディシャル・マネジメント(Judicial Management) (1)概要 ジュディシャル・…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(65)(2020/12/28)

第14.会社再建 4.会社任意整理(Corporate Voluntary Arrangement=CVA、続き) (4)候補者の義務…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(64)(2020/12/14)

第14.会社再建 4.会社任意整理(Corporate Voluntary Arrangement) (1)CVAの概要 会社任意整…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(63)(2020/11/30)

第14.会社再建 3.法定のスキーム・オブ・アレンジメント(続き) (4)差止命令 ア:概要 スキーム…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(62)(2020/11/16)

第14.会社再建 1.はじめに 全ての会社の経営が順調に進むものではなく、会社によってはさまざまな事情…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(61)(2020/11/02)

第13.借入資本 5.Charge (6)Chargeの登記(続き) エ:登記証明書 Chargeの内容を登記した場合、…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン