マレーシア法務のポイント

Horitu
マレーシアに進出を検討する日本企業や進出済みの日系企業が抱える現地の法律関連の課題を概説する。多くの日系企業と顧問契約を締結しており、新たに施行された新会社法や現地従業員の雇用に関する労働法など、実務にのっとった情報を紹介する。

筆者紹介

堤雄史、荻原星治
日本国弁護士。TNY国際法律事務所。マレーシア弁護士らと会社設立や各種ライセンス取得手続き、労務や知的財産権関連など幅広い法務関連サービスを提供。ヤンゴン、バンコク、大阪にも関連事務所を置く。
HP:http://tnygroup.biz/
連絡先:info@tnygroup.biz

すべての文頭を開く

【法務のポイント】マレーシア会社法(6)(09/12)

■第5.株式 今回は、株式の種類について解説します。 5.株式の種類 (1)普通株式 普通株式は…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(5)(08/27)

■第5.株式 今回は、株式が発行される際に必要な手続について解説します。 4.株式発行手続 (1…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(4)(08/13)

■第5.株式 今回から、新会社法における株式に関する制度について、旧会社法からの改正点も含めて解説…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(3)(07/30)

■第4.定款 今回は、新会社法において大幅な改正がなされた定款について解説します。 1.定款保有…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(2)(07/16)

■第2.株式会社の設立 今回は、株式会社の設立のために必要な手続について解説します。 1.ネーム…

続きを読む

【法務のポイント】マレーシア会社法(1)(07/02)

■はじめに はじめまして、TNY Consultingの堤と荻原と申します。われわれは日本の弁護士であり、マレーシ…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン