自動車・二輪車が迎える新時代

20161028carandenv inr icon
インド政府は自動車の安全性、環境性能への規制強化に動き出す。安全基準では2018年以降、新車に対して衝突試験が義務化される見通し。これに伴い、エアバッグやアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の搭載が必須となる。二輪車も18年以降にABSと連動ブレーキ、自動ヘッドライトの搭載が義務化。中・大型商用車も積載量規制が導入される。環境規制では、20年以降に排ガス基準BS6への適用が求められる。
すべての文頭を開く

【自動車・二輪車が迎える新時代】規制強化で世界水準の品質に 二輪車市場、輸出に商機(4)(2016/11/18)

今年2月に稼働したHMSIの第4工場=グジャラート州ビタラプール(NNA撮影)
インドの二輪車業界で、来年から安全・環境規制の強化が順次始まる。アンチロック・ブレーキ・システム(A…

続きを読む

【自動車・二輪車が迎える新時代】規制強化で商機が拡大 部品メーカー、投資が活発化(3)(2016/11/11)

豊田合成が操業する工場。近くフル稼働を迎えるという=西部ラジャスタン州(NNA撮影)
インドで来年から順次始まる自動車・二輪車の安全性と環境性能の規制強化を受けて、関連部品メーカーに商機…

続きを読む

【自動車・二輪車が迎える新時代】排ガス規制前倒し、対策に苦慮 HV市場開花との見方(2)(2016/11/04)

HCILの上野社長(NNA撮影)
インドで自動車産業に対する安全・環境規制が向こう5年間で一気に進む見通しだ。日系メーカーは対応可能な…

続きを読む

【自動車・二輪車が迎える新時代】近づく安全・環境規制強化の波 社会問題解決へ、投資機運も(1)(2016/10/28)

ハリヤナ州グルガオンの主要道路。インドの都市部では自動車の増加などに伴い慢性的な交通渋滞が発生する(NNA撮影)
インドで、自動車・二輪車の安全性と環境性能に規制強化の波が押し寄せている。安全性では2017年10月以降、…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン