ミャンマー・カンボジアの2016年10大ニュース

2016top10
ミャンマーの1年を切り取る「10大ニュース」を通じ、2016年を見通していく。
すべての文頭を開く

【16年の10大ニュース】スーチー政権、経済・和平舵取り苦戦(2016/12/28)

自ら呼び掛けた少数民族和平会議の会場に入るスー・チー氏=8月末、ネピドー(NNA)
ミャンマーで3月末、アウン・サン・スー・チー氏が実質的に率いる国民民主連盟(NLD)政権が発足、国民…

続きを読む

【第1位】NLD政権発足、政策調整で景気減速感(2016/12/28)

ミャンマーで3月末、アウン・サン・スー・チー氏が実質的に率いる国民民主連盟(NLD)政権が発足し、ス…

続きを読む

【第2位】米経済制裁解除、有力財閥が復権(2016/12/28)

経済制裁対象を外れた財閥アジア・ワールドのスティーブン・ロウ会長=12月5日、ヤンゴン(NNA)
オバマ米大統領は10月7日、軍事政権による民主化弾圧を理由に1997年発動した対ミャンマー経済制裁を全面解…

続きを読む

【第3位】新投資法が施行、外資規制緩和に期待(2016/12/28)

ミャンマー新投資法が10月18日成立、施行された。営業許可制度廃止など外資規制が合理化され、今後制定さ…

続きを読む

【第4位】スーチー氏来日、日本は8千億円支援表明(2016/12/28)

安倍晋三首相は、11月に日本を公式訪問したミャンマー新政権の実質トップ、アウン・サン・スー・チー国家…

続きを読む

【第5位】ティラワ特区で工場続々稼働、第2期開発へ(2016/12/28)

ティラワ経済特区内で稼働したアール・ケイ(大阪市)のコイルセンター=11月、ヤンゴン郊外(NNA)
日本が官民を挙げて支援するミャンマー最大都市ヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)の開発が進み、…

続きを読む

【第6位】日本支援のヤンゴン証取、地場3社上場(2016/12/28)

日本の官民の支援で新設されたミャンマー初のヤンゴン証券取引所(YSX)で3月、上場第1号となる地元…

続きを読む

【第7位】電子通関システム稼働、日本支援で円滑化(2016/12/28)

日本の支援で構築されたミャンマーの電子貿易・通関システム「MACCS(マックス)」が11月12日、稼働…

続きを読む

【第8位】ヤンゴン国際空港拡張、新空港も開発合意(2016/12/28)

ミャンマーで拡大する航空需要に対応するため、ヤンゴン国際空港で新国際線ターミナル(T1)が3月開業…

続きを読む

【第9位】西部や北東部で衝突、スーチー氏対応に苦慮(2016/12/28)

軍政時代に人権擁護の立場にあったアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が、少数民族問題への対応に苦…

続きを読む

【第10位】チャット安が進行、物価高騰(2016/12/28)

ミャンマー通貨チャットの対米ドル為替レートが年央以降、前年同様に下落に転じ、特に8月以降は下落基調…

続きを読む

【番外編】バガンで地震、遺産登録見据え復興(2016/12/28)

ミャンマー随一の観光地で、世界有数の仏教遺跡群がある中部のバガンが8月24日、近郊を震源とするマグニ…

続きを読む

【16年のカンボジア10大ニュース】全日空就航で関係強化、中国の影も(2016/12/28)

第1便の到着後に全日空の機体を降り、記念の花を受け取る搭乗者ら=プノンペン(NNA撮影)
日本とカンボジアの関係が強化された1年だった。全日本空輸が9月に成田と首都プノンペンを結ぶ定期直行便…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン