EV初期需要の創出へ

Ev icon
タイ政府は電気自動車(EV)などの電動車を推進する政策を打ち出してきたが、2017年末時点でEV登録台数は100台余りにすぎない。関係者はEV産業の拡大には需要の創出が不可欠と指摘する。こうした中で年内にもタイでEV生産が始まる見通しだ。市場を創出したいプレーヤーたちは、どのように初期需要を喚起していくのか。
すべての文頭を開く

【EV需要創出】FOMMが来年2月に量産 タイ初小型EV、1万台販売目標(10/10)

来年2月に小型EVの量産を開始する方針を明らかにしたFOMMの鶴巻社長(左)=9日、バンコク(NNA撮影)
タイで電気自動車(EV)の製造を目指すベンチャー企業FOMM(川崎市)が、来年2月にタイで小型EVの…

続きを読む

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

タイでは初となるEVタクシーの引き渡し式が行われた=16日、バンコク(NNA撮影)
中国のエコカー最大手、比亜迪(BYD)の電気自動車(EV)を輸入販売するタイのライゼン・エナジーは16…

続きを読む

【EV需要創出】モーター内蔵車輪で三輪開発 ダイナックス、国立大と共同研究(08/08)

インホイールモーターを使ったEトゥクトゥクを研究・開発することで合意した、ダイナックスの秋田社長(中央)とKMUTTのサカリン学長(右から3人目)ら=7日、バンコク(NNA撮影)
自動車部品エクセディの子会社ダイナックス(北海道千歳市)は、タイで車輪にモーターを内蔵したインホイー…

続きを読む

【EV需要創出】消費者の税優遇、導入目指す 産学官の連携強調=EV協会会長(07/04)

タイEV協会のヨサポン会長が勤務するキングモンクット工科大学トンブリ校では、キャンパス内の移動用に電動カートを運行しており、近く電動バスを導入する=バンコク(NNA撮影)
タイは東南アジアにおける電気自動車(EV)の生産拠点化を目指すと同時に、国内市場の需要喚起を図るため…

続きを読む

【EV需要創出】待たれる消費者向け優遇策 業界が要望、国は製造拠点化急ぐ(06/13)

タイのEV産業への投資を呼びかけるBOIのドゥアンチャイ長官=バンコク(NNA撮影)
タイ投資委員会(BOI)は電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の生産、EV用の部品…

続きを読む

【EV需要創出】バイクや三輪車で汎用性PR 電動化社会を提案、高齢者向けも(06/08)

ホンダが年内に生産・販売を開始する電動バイク「エレクトリックPCX」にまたがるシリ・エネルギー相(右から2人目)とホンダR&Dアジアパシフィックの青山社長(同1人目)ら=バンコク(NNA撮影)
タイの電気自動車(EV)の需要を創出する上で、メーカー各社は電動バイク(Eバイク)や電動トゥクトゥク…

続きを読む

【EV需要創出】公共充電器、民間投資が加速 小売店が設置し富裕層の消費狙う(06/07)

BMWの充電スタンド普及プロジェクト「チャージナウ」でバンコクの商業施設の駐車場に設置した公共充電スタンド(右)。隣にはメルセデス・ベンツの充電スタンドもある=バンコク(NNA撮影)
電気自動車(EV)が普及するには車両の生産に加えて、公共充電スタンドの設置も不可欠だ。タイではBMW…

続きを読む

【EV需要創出】都市部の1マイルに商機生む 日系FOMM、小型車を年内量産(06/05)

FOMMは年内にも4人乗り小型EVをタイで生産する=バンコク(NNA撮影)
タイでは電気自動車(EV)のアクションプランの下、電動化政策が進められている。だがEVの登録台数は10…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン