ベトナム労働法講座

Vnd work icon
ベトナムで従業員を雇用する際に知っておくべき法制度を、実務を踏まえながら解説。

筆者紹介

澤山 啓伍(さわやま けいご)
日本国弁護士。長島・大野・常松法律事務所所属。ベトナム進出から現地子会社・駐在員事務所の管理、JV、M&A、インフラ等プロジェクトまで様々な分野の法律問題について日系企業のサポートを担当。

すべての文頭を開く

【労働法講座】第76回 退職後の競業禁止―近時の裁判例(07/16)

前回、秘密保持と兼職禁止に関する法規制をご紹介しましたが、その関係で、最近退職後の競業避止条項の有効…

続きを読む

【労働法講座】第75回 労働者の秘密保持と兼業禁止(06/18)

Q. 当社は、ある分野においてノウハウを有しており、これが当社の強みとなっています。この度、ベトナム人…

続きを読む

【労働法講座】第74回 時間外労働時間数の上限(05/21)

Q. ベトナムでは、時間外労働時間数の上限が、他国と比べて厳しく設定されていると聞いていますが、その具…

続きを読む

【労働法講座】第73回 インターンシップを行う場合の契約方法(04/16)

Q. 最近、ベトナムの大学の卒業シーズンが近づいているためか、大学生のインターンシップの申し込みを受け…

続きを読む

【労働法講座】第72回 外国人労働者が複数の職場を兼務する場合(03/19)

Q. 弊社の本社工場は北部フンイエン省にありますが、5月に北部バクニン省で新たな工場を操業開始します。…

続きを読む

【労働法講座】第71回 給与の前払い(02/26)

Q. 最近、当社の従業員の数人が、兵役に服するための召集令状を受領しました。それによれば、当該従業員ら…

続きを読む

【労働法講座】第70回 無効な労働契約(01/15)

Q. 先週、管轄の労働局の監査があり、当社が使っている労働契約のある条項が、労働者が労働組合に参加する…

続きを読む

【労働法講座】第69回 2018年の地域別最低賃金(2017/12/18)

Q. ベトナムでは毎年1月1日から最低賃金が改定されると聞いていますが、2018年の最低賃金はどうなるでし…

続きを読む

【労働法講座】第68回 複数の勤務先の兼務(2017/11/20)

Q. 弊社は、ハノイと北部ハイズオン省にそれぞれ子会社を有しています。ベトナム人従業員1人を雇用し、こ…

続きを読む

【労働法講座】第67回 労働者の採用手続と報告義務(2)(2017/10/16)

Q. 弊社は、ベトナムに現地法人と駐在員事務所を有していますが、業務拡大のため、これから従業員を採用し…

続きを読む

【労働法講座】第66回 労働者の採用手続と報告義務(1)(2017/09/18)

Q. 弊社は、ベトナムに現地法人と駐在員事務所を有していますが、業務拡大のため、これから従業員を採用し…

続きを読む

【労働法講座】第65回 退職手当の計算(2017/08/21)

Q. 弊社では、今月末に退職する社員がいます。当該社員は、2012年1月1日に弊社での勤務を開始し、現在の…

続きを読む

【労働法講座】第64回 雇用側の雇用契約締結権限(2017/07/17)

Q. 当社はベトナムに工場を有しており、従業員が数千人います。当社の法的代表者は社長ですが、社長はよく…

続きを読む

【労働法講座】第63回 育児手当の支給(2017/06/19)

Q. 最近、当局から未就学児を持つ女性労働者への育児手当、幼稚園の設立補助を出すよう、指導を受けました…

続きを読む

【労働法講座】第62回 外国人労働者の社会保険への加入(2017/05/15)

Q. ベトナムの社会保険に関して、ベトナムで働く外国人労働者も加入が義務付けられるという話を聞きました…

続きを読む

【労働法講座】第61回 入社1年未満の従業員のベトナムへの派遣(2017/04/17)

Q. 弊社は最近子会社をハノイに設立し、そこに日本人の従業員を派遣することを検討しています。現在の候補…

続きを読む

【労働法講座】第60回 休憩時間の設定(2017/03/20)

Q. 当社では現在就業規則を作成中ですが、勤務時間と休憩時間の設定について、注意すべき点はあるでしょう…

続きを読む

【労働法講座】第59回 休業時の賃金(2017/02/20)

Q. 弊社は自動車部品の製造工場を運営しています。最近、以下のような理由で工場の稼働を停止させなければ…

続きを読む

【労働法講座】第58回 防災基金(2017/01/16)

Q. 最近、管轄の「防災及び捜索救助委員会」というところから、「防災基金」(ベトナム語:Quy phong chon…

続きを読む

【労働法講座】第57回 労働許可証申請資格(2016/12/19)

Q.当社では、来年4月に、日本の親会社から日本人を派遣してもらい、経理部長のアシスタントとして働いても…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン