タイ政治社会の潮流

Icon tw.poli
タイ研究の草分け的存在、赤木攻・大阪外国語大学名誉教授による連載コラム「タイ政治社会の潮流」。1960年代の学生時代からタイを学び、タイ留学、在タイ日本大使館での研究員、日タイの大学での教員生活など、豊富な経験を生かし、タイの政治、社会に鋭く切り込みます。

筆者紹介

Akagi

赤木 攻(あかぎ おさむ)
大阪外国語大学名誉教授、大阪観光大学学長
大阪外国語大卒業後、国立チュラロンコン大に留学。大阪外国語大教授を経て、1999年同大学長に就任。2004年から、東京国際交流館館長、東京外国語大学特任教授などを歴任。日本タイ学会会長も務める。
第2回アジア・太平洋賞 特別賞を受賞した「タイの政治文化」(勁草書房)など著書多数。プミポン国王のベストセラーの日本語版「奇跡の名犬物語」(世界文化社)の翻訳も手掛けた。
1944年、岡山県新見市生まれ

著書


復刻版 タイの政治文化 ―剛と柔― 1989年に発行された同書の復刻版。復刻版発刊にあたって書き下ろした『しぶとく生きる「剛と柔」』を掲載。転換後の運営とその注意点も。

すべての文頭を開く

【タイ政治社会の潮流】国民が期待する国王像(01/09)

第315回 新年早々、ネットを少し散歩していて、「『王朝四代記』の中の王制」と題する論考が目に留まった。…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】ネットワーク・モナーキー(2019/12/26)

第314回 「Network Monarchy(ネットワーク・モナーキー)」という表現は、イギリスのダンカン・マッカーゴ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】「チット・アーサー904教化プロジェクト」~動き始めた新国王~(2019/12/12)

第313回 今年5月に戴冠式を挙行し、チャックリー王朝第10代目の国王に正式に即位したワチラーロンコーン国…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】「半分民主主義」から「半分軍部主義」への後退(2019/11/28)

第312回 「シーサオ・テーウェート邸」という言葉を聞いてピンとくる方は、タイの社会に相当詳しいと言える…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】補欠選挙が語る「新未来党」の現在(2019/11/14)

第311回 タイでは、10月23日(水)は「ラーマ5世王記念日(ワン・ピヤマハーラート)」であったが、ナコー…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】『タイのかたち』(2019/10/31)

第310回 私が「タイ研究(タイ学)」のスタート地点に立ったのは、チュラロンコン大学での留学を終え大阪外…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】新未来党は大丈夫か?(2019/10/17)

第309回 先回のこの欄では、少し長期的に見た場合、新未来党は新しいタイ社会を創造するポテンシャルを秘め…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】新世代政治家の誕生?(2019/10/03)

第308回 タイ政界の当面の課題は遅れている新年度(タイの予算年度は10月~翌9月)の予算案審議であり、第…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】ポスト「プーミポン・コンセンサス」(2019/09/19)

第307回 第2次プラユット内閣成立から約2カ月がたとうとしている。 7月16日に挙行された国王に対する宣…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】「平和の日」と「自由タイ」(2019/09/05)

第306回 8月が過ぎた。日本では8月15日が「終戦記念日」として、政府主催による全国戦没者追悼式が天皇皇…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】宣誓不十分でプラユット首相辞任?(2019/08/22)

第305回 8月に入って急に浮上してきた政治問題であるが、よくぞこのような前代未聞の事件が起きたものであ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】都市中間層の「伝統的農村像」を破壊せよ(2019/08/08)

第304回 タイの憲法第162条は、内閣に就任日から15日以内の国会における施政方針表明を義務付けているが、…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】NCPO体制が生きている(2019/07/25)

第303回 3月24日の総選挙から実に4カ月近い長い時間を経て、去る7月16日国王陛下のご臨席のもとに36人の…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】タイには「自由民主制」は根付かない(2019/07/11)

第302回 難航していた組閣作業もなんとか終わり、閣僚名簿が国王の手に送られたようである。首相はプラユッ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】国内治安維持本部(2019/06/27)

第301回 難航していた組閣作業も、ここにきてやっと終わりに近づきつつあるようだ。多党の連立政権になった…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】枢密院議長(代理)(2019/06/13)

第300回 5月から6月にかけてのタイは、久しぶりに大きな国家的動きがいくつか訪れた時節となった。 何よ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】権力のロンダリング(2019/05/30)

第299回 タイでは、去る5月24日から国会がやっと動き始めたが、2014年5月22日に軍部(国家平和秩序評議会…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】「仮の国王」から「真の国王」へ(2019/05/16)

第298回 総選挙と新国王戴冠式が同時進行するという極めて珍しい日程が終了した。総選挙(政治)の方は、こ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】挙国一致内閣(2019/05/02)

第297回 タイでは、最も暑い時節の象徴でもあるソンクラーン(水かけ祭り、タイ正月)が終わり、国民の関心…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】長期政権を狙う軍部(2019/04/18)

第296回 私は、先のコラムで、今回の総選挙は軍事政権の管理下で行なわれたという事実を忘れてはならないと…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン