タイ政治社会の潮流

070705 thb icon
タイ研究の草分け的存在、赤木攻・大阪外国語大学名誉教授による連載コラム「タイ政治社会の潮流」。1960年代の学生時代からタイを学び、タイ留学、在タイ日本大使館での研究員、日タイの大学での教員生活など、豊富な経験を生かし、タイの政治、社会に鋭く切り込みます。

筆者紹介

Akagi

赤木 攻(あかぎ おさむ)
大阪外国語大学名誉教授、大阪観光大学学長
大阪外国語大卒業後、国立チュラロンコン大に留学。大阪外国語大教授を経て、1999年同大学長に就任。2004年から、東京国際交流館館長、東京外国語大学特任教授などを歴任。日本タイ学会会長も務める。
第2回アジア・太平洋賞 特別賞を受賞した「タイの政治文化」(勁草書房)など著書多数。プミポン国王のベストセラーの日本語版「奇跡の名犬物語」(世界文化社)の翻訳も手掛けた。
1944年、岡山県新見市生まれ

著書


復刻版 タイの政治文化 ―剛と柔― 1989年に発行された同書の復刻版。復刻版発刊にあたって書き下ろした『しぶとく生きる「剛と柔」』を掲載。転換後の運営とその注意点も。

すべての文頭を開く

【タイ政治社会の潮流】チット・プーミサック(05/17)

第272回 今年は、科学的社会主義の創始者であり、資本主義を鋭く批判し、その著「資本論」により、全世界の…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】「東部の時代」(05/03)

第271回 先回は、プラユットが「政治家」になる、つまりは総選挙後も首相としてタイ政治をリードすることを…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】プラユットが「政治家」へ 第270回(04/19)

2014年5月のクーデターから、もうすぐ4年目を迎える。そのクーデターを決行した「国家治安維持団(NCPO…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】政党設立準備申請が始まる(03/29)

第269回 ついに、ここにきて総選挙の風がやわらかに吹き始めた感じがする。2014年のクーデター以来、政治家…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】ついに、「クーデター発言」まで(03/15)

第268回 2月27日に、プラユット首相が民政復帰のスタートとなる総選挙の実施ついて、大きな社会不安が生じ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】トゥンヤイ悪夢物語(03/02)

第267回 それにしても、因縁めいたスキャンダル事件が生じたものである。 2月4日に判明した「トゥンヤイ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】「愛タイ計画」(02/15)

第266回 「私は今や軍人ではなく、元軍人の政治家である」。1月3日の年頭の記者会見でのプラユット首相の…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】「強権政治」はいつまで続くのか(02/01)

第265回 前回述べた通り、総選挙の年内実施はほぼ無理で、来年にずれ込むとの観測が多くなってきている。も…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】年内総選挙実施は無理?(01/18)

第264回 今年のタイが抱える最大の政治課題は総選挙の実施であると、だれもが了解している。 昨年の10月に…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】2018年のタイ政局を占う(01/04)

第263回 新年を迎えると、あらたな気持ちが湧いてくるから不思議である。時間は普通に流れているのだが、大…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】日タイ修好130周年に思う(2017/12/21)

第262回 2017年が終わろうとしている。 今年が日タイ修好130周年の年であったことは、恐らくよく御存じであ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】「清風」に微笑む国民(2017/12/07)

第261回 今タイで最も人気のある人物はだれかと言われても、すぐに答えるのは難しい。が、11月以降であれば…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】軍人政党の誕生?(2017/11/23)

第260回 去る10月26日にプーミポン前国王陛下の荼毘の儀が滞りなく執り行われ、ラーマ10世であるワチラーロ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】チャックリー王朝(2017/11/09)

第259回 先月26日に執り行われたプーミポン前国王陛下の荼毘の儀は、一連の葬儀の中でもクライマックスであ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】プーミポン国王とトーンデーン(2017/10/25)

第258回 この10月26日には、プーミポン前国王の火葬の儀が行なわれる。昨年10月13日に崩御されてからタイ国…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】政治家と学生(2017/10/12)

第257回 タイでは、今月(10月)25日から29日にわたってプーミポン前国王の葬儀が執り行われる予定で、月初…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】続・ジンラック「逃亡」(2017/09/28)

第256回 長年タイとつき合っていると、少々不可解な事件が生じてもあまり驚かなくなってしまっているが、今…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】ジンラックの「逃亡」(2017/09/14)

第255回 2014年のクーデターで政権を追われたジンラック前首相は、その後在任中の「コメの政府買い取り制度…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】よみがえる官僚政体(2017/08/24)

第254回 周知のように、タイの会計年度は10月に始まる。官庁の人事などもそれにならっており、大きな異動は…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】燃え上がる8月?(2017/08/10)

第253回 タイは雨期に入りちょうど安居(パンサー)の最中で、日本の酷暑よりは過ごしやすい日々を迎えてい…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン