タイ政治社会の潮流

070705 thb icon
タイ研究の草分け的存在、赤木攻・大阪外国語大学名誉教授による連載コラム「タイ政治社会の潮流」。1960年代の学生時代からタイを学び、タイ留学、在タイ日本大使館での研究員、日タイの大学での教員生活など、豊富な経験を生かし、タイの政治、社会に鋭く切り込みます。

筆者紹介

Akagi

赤木 攻(あかぎ おさむ)
大阪外国語大学名誉教授、大阪観光大学学長
大阪外国語大卒業後、国立チュラロンコン大に留学。大阪外国語大教授を経て、1999年同大学長に就任。2004年から、東京国際交流館館長、東京外国語大学特任教授などを歴任。日本タイ学会会長も務める。
第2回アジア・太平洋賞 特別賞を受賞した「タイの政治文化」(勁草書房)など著書多数。プミポン国王のベストセラーの日本語版「奇跡の名犬物語」(世界文化社)の翻訳も手掛けた。
1944年、岡山県新見市生まれ

著書


復刻版 タイの政治文化 ―剛と柔― 1989年に発行された同書の復刻版。復刻版発刊にあたって書き下ろした『しぶとく生きる「剛と柔」』を掲載。転換後の運営とその注意点も。

すべての文頭を開く

【タイ政治社会の潮流】総選挙実施に暗雲(01/10)

第289回 新年早々から、タイは大きな問題に出くわしてしまった。 民政移管への扉である総選挙を2月24日に…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】 新しい権力装置―「上院」(2018/12/27)

第288回 「仏暦2557(西暦2014)年暫定憲法」第44条が認める絶対権により国家平和秩序評議会(NCPO)が…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】 内輪からの「反乱」(2018/12/13)

第287回 去る11月26日は、総選挙予定日である来年2月24日(日)の90日前に当たったが、それは立候補予定者…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】チンナワット兄妹カレンダー(2018/11/29)

第286回 タイである程度長い間生活をしたことのある方は、贈り物の習慣が意外に根付いていることに気が付い…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】何が起きるのか、総選挙(2018/11/15)

第285回 来年2月に予定されている総選挙は、やはり従来の総選挙とは相当異なるのは間違いない。現時点にお…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】新陸軍司令官アピラット(2018/11/01)

第284回 前回のこの欄でも述べたように、いよいよ来年2月の選挙での勝利を目指して政界は動き出している。…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】政党の大再編(2018/10/18)

第283回 第10回日・メコン地域諸国首脳会議に出席するため来日したプラユット首相は安倍首相と会談し、来年…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】学生の政治意識(2018/10/04)

第282回 来年2月から5月ごろの間に総選挙が行われ、タイは民政化を実現するという見方が一般的であるが、…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】プアタイ党の党首人事(2018/09/20)

281回 さる9月12日に、総選挙実施に必要であった懸案の法律「下院議員選挙法」および「上院議員選挙法」が…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】軍隊の役割と民主化(2018/09/06)

280回 果たして民政移管に向けた総選挙はいつになるのか、国民の誰もが気にしてきたが、ここにきて早ければ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】選挙管理委員会(2018/08/23)

279回 さる7月31日、国会の会議室で一つの重要な会議が行われた。次期、選挙管理委員会の委員長を決める会議…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】問われるタックシン(プアタイ党)の現在(2018/08/09)

第278回 現在、タイの政界は来年に予定されている総選挙をゴールに動いている。2005年ぐらいから本格化して…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】洞窟救出劇余話(2018/07/26)

第277回 世界の目がこれほどタイに集中する事件が生じたのは、珍しいことといわねばなるまい。それほど、チ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】正体を現した「国民国家力党」(2018/07/12)

第276回 今、タイ国民が気がかりなことが2つあるという。ひとつは、総選挙であり、もう一つは新国王ラーマ…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】青年実業家の政界入り(2018/06/28)

第275回 来年2月頃に予定されているという総選挙(民政移管)をにらんで、タイ政界は既存の政党と新しく設…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】仏教界の腐敗と政治(2018/06/14)

第274回 このところ、タイの仏教界が揺れている。仏教界が腐敗しており、その改革が急務であるとの指摘はす…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】プアタイ党の解党も可?(2018/05/31)

第273回  2014年5月22日に生じたクーデターからまる4年を迎え、タイの政局は総選挙=民政移管に関心が絞…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】チット・プーミサック(2018/05/17)

第272回 今年は、科学的社会主義の創始者であり、資本主義を鋭く批判し、その著「資本論」により、全世界の…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】「東部の時代」(2018/05/03)

第271回 先回は、プラユットが「政治家」になる、つまりは総選挙後も首相としてタイ政治をリードすることを…

続きを読む

【タイ政治社会の潮流】プラユットが「政治家」へ 第270回(2018/04/19)

2014年5月のクーデターから、もうすぐ4年目を迎える。そのクーデターを決行した「国家治安維持団(NCPO…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン