アジアリスク講座2021~2022

Key icon
東南アジア各地の官民が新型コロナウイルス感染症対策を行う中で、企業が直面するリスクについて、タイ国東京海上火災保険のシニア・リスクコンサルタントが解説する。

筆者紹介

タイ国東京海上火災保険/Tokio Marine Insurance(Thailand)Public Company Limited
シニア・リスクコンサルタント 林 将大(はやし・まさひろ)
すべての文頭を開く

【アジアリスク講座】第5回:アジアにおける交通リスク(1)(01/07)

WHOによると道路交通による死亡者数は全世界で約130万人とされており、世界中で24秒に1人のペースで交通…

続きを読む

【アジアリスク講座】第4回 WFH等推進により高まるサイバーリスクへの備え(2)(2021/12/03)

本稿では前回に引き続きサイバー攻撃の種類について紹介するとともに、企業に求められる対応について解説し…

続きを読む

【アジアリスク講座】第3回:WFH等推進により高まるサイバーリスクへの備え(1)(2021/11/05)

2020年初めから世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症により、人々の生活や企業の事業活動が…

続きを読む

【アジアリスク講座】第2回:感染症に備えるBCP(事業継続計画)(2021/10/08)

前回記載の通り、東南アジア各国では新型コロナ感染症の影響により事業活動が制限される状況が続いている。…

続きを読む

【アジアリスク講座】第1回:東南アジアにおける新型コロナ感染症の拡大状況と今後の見通し(2021/09/10)

東南アジアは、引き続き新型コロナウイルス感染症の猛威にさらされている。各国の新規感染者数は連日1万人…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン