シリーズ 台湾の日本語世代に聞く

131115nihongo twd icon
日本による台湾統治時代はいまでは遠い過去になってしまったが、そのころに青少年期を送った台湾人はいまも数多くいる。人生の第4コーナーを回った年齢であっても、いまだ社会の第一線で活躍される方もいる。子供の頃に習得した日本語を片時も忘れない台湾の老世代は、来し方を振り返るなかで、日本の統治時代をどう見ているのだろう。その時代をいかに過ごし、戦後の混乱期をどのように生きてきたのだろう。個人史は各人各様の色合いを持つ物語になろうが、そこには共通項として、台湾を主舞台に日本と中国が複雑に絡み合う、東アジアの近現代史の大きなうねりのようなものがあるにちがいない。日本の敗戦、大陸での国共内戦、台湾への国民党の敗走、228事件、戒厳令、白色テロ、経済復興、民主化――。時代の荒波に翻弄されながらも懸命に生きてきた台湾人の群像を描く。
すべての文頭を開く

【日本語世代に聞く】貪欲に年不相応に生きる:日本文化を守り続けて:総集編(5)(2016/05/06)

台湾の日本語世代には総じて元気な方が多い。人生の第4コーナーを回ってもゴールせず、次の第5コーナーが…

続きを読む

【日本語世代に聞く】台湾と郷里徳島をつなぐ縁:個人的な体験から:総集編(4)(2016/05/05)

台湾の日本語世代に深入りしたのは、ふとしたきっかけからだった。今回は筆者の個人的な体験を中心に話を進…

続きを読む

【日本語世代に聞く】戦後の混乱を生き延びて:外省人も犠牲に:総集編(3)(2016/05/04)

台北市内の南西部に青年公園がある。その一角に立つ馬上の蒋介石の銅像は、はるか上段から周囲ににらみを利…

続きを読む

【日本語世代に聞く】台北はいまも「たいほく」:こだわって生きる:総集編(2)(2016/05/03)

日本語世代の方に生まれを聞くと、たいがいは大正か昭和で返してくる。西暦で答えるのはごく一部。中華民国…

続きを読む

【日本語世代に聞く】時代の生き証人からの証言:終戦が転換点に:総集編(1)(2016/05/02)

風景を眺めながら、過ぎ去った遠い日の情景をあれこれ想像するのが好きだ。この街やあの浜辺は、昔はどうだ…

続きを読む

【日本語世代に聞く】八十路半ば、いまが青春:三高女卒の七転び八起き(5)(2016/03/11)

結婚してから50歳までビジネス街道をひた走り、あとはアメリカでひと休みしようとしたら20年もの長きにおよ…

続きを読む

【日本語世代に聞く】アメリカで人生リセット:三高女卒の七転び八起き(4)(2016/03/10)

サウナ経営が安定してきた頃、留学のために渡米する次女に同行してロサンゼルスにしばらく滞在した。それが…

続きを読む

【日本語世代に聞く】ビジネス街道をまっしぐら:三高女卒の七転び八起き(3)(2016/03/09)

結婚してからは、がむしゃらに働く。商魂が持ち前のものかどうかはわからないが、いったん火がつくや、アイ…

続きを読む

【日本語世代に聞く】青春は甘酸っぱい思い出と:三高女卒の七転び八起き(2)(2016/03/08)

昭和16年(1941年)に太平洋戦争が始まると、台北の下町も戦時色で染まる。役所は地域の住民に日本軍の武運…

続きを読む

【日本語世代に聞く】振り出しは洗濯屋の養女:三高女卒の七転び八起き(1)(2016/03/07)

その昔、台北に「第三高女」と呼ばれる女子校があった。台湾人の良家のお嬢様が通う学校と見られがちだが、…

続きを読む

【日本語世代に聞く】葬式無用、代わりに音楽会を:許文龍さん「小鳥の夢は」(5)(2016/01/08)

このシリーズ「台湾の日本語世代に聞く」の初稿は、登場していただく方に目を通してもらうのを原則としてき…

続きを読む

【日本語世代に聞く】先入観捨て五感を信じる:許文龍さんの夢と回想(4)(2016/01/07)

「許文龍さんに会いたい」。そう思ったのは3年前だった。ツテのないこちら、さてどうすればいいか。台北で…

続きを読む

【日本語世代に聞く】町工場から世界トップへ:許文龍さんの夢と回想(3)(2016/01/06)

少年期に培養された反骨精神は、大きくなるにつれて強じんになり、社会に出てからは、人とはちがうことをし…

続きを読む

【日本語世代に聞く】台南のスラムに生まれて:許文龍さんの夢と追想(2)(2016/01/05)

その人を知るには子供のころを聞けばいい。人間は成長すれば顔かたちは変わるが、生来の気質や考え方はさほ…

続きを読む

【日本語世代に聞く】夕焼け小焼けで日は暮れて:許文龍さんの夢と追想(1)(2016/01/04)

台湾南部のスラムで生まれ、根っからの勉強ぎらい。学校の成績はいつもビリに近かった。母親からよく「ホラ…

続きを読む

【日本語世代に聞く】振り返らずに今を生きる:おしゃれ婆の荒波人生(3)(2015/12/30)

人には「せっかちだけど、几帳面」とよく言われる。パッパとやってサッサと済ませる性分ゆえか、酒とバクチ…

続きを読む

【日本語世代に聞く】青春は闇船で吐き続けた:おしゃれ婆の荒波人生(2)(2015/12/29)

太平洋戦争での日本の敗戦は、日本人以上に台湾人の運命を大きく変えることになる。ただ、台湾人の多くは日…

続きを読む

【日本語世代に聞く】寮のおばちゃんと呼ばれて:おしゃれ婆の荒波人生(1)(2015/12/28)

ね口調。そうね、あのね、だからね。建設会社の寮母として長年、日本人寮生の話し相手になってきたせいだろ…

続きを読む

【日本語世代に聞く】苦しみの量だけ見返りが:元政治犯、仕事で再生(5)(2015/11/27)

現役のときは100%会社人間。明けても暮れても頭にあるのは仕事のことばかり。がむしゃらに働いてきた。そう…

続きを読む

【日本語世代に聞く】映画から銘板ビジネスへ:元政治犯、仕事で再生(4)(2015/11/26)

出獄して自由の身になっても、過去はしつこくつきまとう。それでも所帯を持った一人息子の元政治犯は、一家…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン