• 印刷する

テイクオフ:目の手術をしなければな…

目の手術をしなければならない――。オーストラリアに移民した韓国人の義母が現地で眼科に行ったところ緑内障と言われた。目が見えにくくなってきているという自覚症状もあったのだが、異国での手術が不安で帰国した。

ところが、当地の病院での診察結果は老眼。手術は不要で老眼鏡を購入。不安が解消されて晴れ晴れとした表情でオーストラリアに戻っていった。

一方、3歳の息子。奥歯が虫歯と言われ治療の予約をした。たまたまその数日後に日本に帰省して集団検診を受けたのだが、指摘されていた歯は虫歯ではないとの診断だった。異常がない歯を削られるところだったと、通っていた歯科への不信感が高まってしまった。

医師により診断が異なるのは珍しいことではないかもしれない。が、海外で信頼できる医療機関に出会うことの難しさをあらためて感じた。(れ)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:本格的な冷麺の季節を迎…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

ジョリビー越展開、拡大期に 本国フィリピンの「再現」に自信(07/23)

韓国企業、格付け軒並み悪化 輸出規制強化で先行きも不安(07/23)

韓国与党「経済侵略本格化」と批判(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

携帯普及率が105%に、中国・韓国製が人気(07/23)

WTOに韓国も高官派遣、日本に対抗(07/23)

LCC9月から運休へ、佐賀と熊本(07/23)

韓国高陽市が交流延期、函館市と姉妹都市(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン