スマホ普及率、今後4年で100%到達予測

米系調査会社ニールセンのタイ法人は、タイにおけるスマートフォンの普及率が今後4年以内に100%に達し、その結果、携帯電話市場と消費者の行動様式が一変すると予測した。低価格端末の普及と魅力的なデータパッケージが原動力になるとみている。バンコクポスト(電子版)が24日報じた。

ニールセンのタイ法人が1,081人を対象に行った最新の調査によれば、スマートフォンの保有率は58%。1年前の49%から9ポイントの上昇となった。

同社の通信技術産業部のユワディー部長は、16~34歳のタイ人の大部分がスマートフォンを持っており、35歳以上でも普及率は42%に達したと指摘。スマートフォンの保有率が購買力に比例していること、富裕層は最新モデルを求める傾向があることにも言及し、スマートフォンが今やタイ人の生活の一部になったとの認識を示した。

調査では、タイ人が1日平均4時間をスマートフォン使用に充てていることも分かった。通信が最も多く94分。アプリケーション使用が62分でこれに次ぐ。以下はエンターテインメント(54分)、ウェブサイトの閲覧(14分)、デバイス管理(8分)の順だった。

スマートフォン利用者が最も時間を充てているアプリ・サイトは、無料通話・チャットアプリのLINE。その次は交流サイト(SNS)のフェイスブックで、以下はチャットアプリのビートーク、動画投稿サイトのユーチューブとなっている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

製造の聖地に新たな可能性 ものづくり祭典、日系が商機探る(06/23)

ラオスのダム建設前進へ、事前協議を終了(06/23)

5月の新車販売、0.6%増の6.6万台(06/23)

【アジア三面記事】運がいいのか悪いのか(06/23)

5月の新車販売(表)(06/23)

発電公団と電子技研、EV化技術を共同開発(06/23)

物品税優遇でEV需要拡大、FTIが指摘(06/23)

AASオート、ベントレー初のSUV投入(06/23)

シャープが太陽光発電受注、ビッグC向け(06/23)

クラビ火力発電所、建設遅延で再入札へ(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン