• 印刷する

「中国製造2025」発表、強国の仲間入りへ

中国国務院(中央政府)は19日、製造業に対する今後10年の政策指針を定めた「中国製造2025」を発表した。「世界の工場」と呼ばれる「製造大国」となった現状からステップアップし、2025年までに技術力や開発力を伴う「製造強国」の一員に加わる目標を掲げた。

中国製造2025ではそれ自体の役割について、「製造強国戦略を実施していく上での最初の10年の行動綱領」と定義。25年に製造強国の仲間入りを果たした後、35年には「世界の製造強国の中等水準」へ上昇を図り、最終的に中華人民共和国の成立100周年(2049年)までに「総合的実力で世界の製造強国の先頭グループ」へ躍進するという3段階の戦略目標を設定した。

その上で、中国製造業に求められる「戦略任務」として◇革新能力の向上◇情報化と工業化の融合◇工業基礎能力の強化◇品質とブランドの強化◇環境に配慮したものづくりの推進◇重点分野における飛躍的発展◇製造業の構造調整◇サービス型製造業と生産性サービス業の発展◇製造業の国際化水準の向上——を明記。このうち、飛躍的発展を図る重点分野には、産業用ロボットやエコカー、先進軌道交通設備など10項目を挙げた。

目標に向けた官民の関係は「市場が主導、政府が誘導」を原則とし、政府は企業が活力と創造力を発揮できる事業環境を整備する。特に金融や財政、人材育成、中小企業支援などの分野で必要な政策を具体的に打ち出すとしている。

中国製造2025の詳細は国務院のウェブサイト<http://www.gov.cn/zhengce/content/2015-05/19/content_9784.htm>で確認できる。<全国>


関連国・地域: 中国-全国日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属その他製造建設・不動産IT・通信天然資源サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

奈雪の茶、大阪から日本攻略 1年半で黒字化へ、来春東京出店(09/25)

長城汽車、電動車など生産へ735億円を投資(09/25)

ANAとJAL、中国路線を一部再開(09/25)

順法企業は心配無用、ブラックリストで政府(09/25)

HSBC中国撤退も、シティがリスクを指摘(09/25)

上場企業のインサイダー取引、罰則を強化へ(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

国有企業の利益、1~8月は24.2%減(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン