ミャンマーは気象災害の上位3位=独シンクタンク

過去20年間に起きた暴風雨や洪水、山崩れ、干ばつの気象災害により世界で50万人以上の犠牲者が出ており、最も大きな被害国の上位3カ国はホンジュラス、ミャンマー、ハイチだった。ドイツの環境シンクタンク「ジャーマンウオッチ」が4日、気象災害による被害調査を明らかにし、地…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラカイン州議会、ネット接続遮断解除を要請(17:34)

7月から電気料金引き上げ 5年ぶり見直し、発電投資促す(06/26)

ミャンマー生産性本部、事業を本格化(06/26)

中国国境ムセの輸出額、10~6月は26%減(06/26)

国軍に対する制裁法案、米下院に提出へ(06/26)

到着ビザの入国者、3年で40万人に(06/26)

選管、総選挙候補者の支出上限引き上げ(06/26)

新興ハイドロプラント、スマート農業を推進(06/26)

デング熱多発期、ヤンゴンで駆除活動を促進(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン