【EPA特集】下がる関税率、過渡期へ突入:進むボーダーレス化で増益も

向こう10年間で日本とインドの往復貿易額の94%が無税になる経済連携協定(EPA)。将来的にはモノ・ヒト・カネの動きも活発化する見込みだ。ただ、複雑な税制事情から、「発効後でないと効果は不明」との意見も耳にする。日系企業はEPA発効でどのような恩恵を受けるのか、未…

関連国・地域: 韓国インド日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属その他製造IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

経済活動は徐々に正常化へ 爆破テロ後のスリランカ(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

現地の邦人社会に衝撃、「誰もが犠牲に」(04/26)

マルチスズキ、昨年度は増収減益(04/26)

トライアンフ、8月に中古車市場に参入(04/26)

ホワイトカラー求人数、1~3月は13%減(04/26)

ヒーロー、西部で太陽光発電に2億ドル投資(04/26)

太陽光を調理に、エネ省が補助金転用を要請(04/26)

タタ電力部門、西部の風力発電所売却(04/26)

セメントのウルトラ、150億ルピーの投資計画(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン