【EPA特集】下がる関税率、過渡期へ突入:進むボーダーレス化で増益も

向こう10年間で日本とインドの往復貿易額の94%が無税になる経済連携協定(EPA)。将来的にはモノ・ヒト・カネの動きも活発化する見込みだ。ただ、複雑な税制事情から、「発効後でないと効果は不明」との意見も耳にする。日系企業はEPA発効でどのような恩恵を受けるのか、未…

関連国・地域: 韓国インド日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属その他製造IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「われわれの国は通常、…(10/21)

映画大国に「単館系」市場を 「天気の子」配給のバカオが挑戦(10/21)

自動車販売店、9月の小売り総数は13%減(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

配車オラ、カーシェアサービスを開始(10/21)

鉄鋼タタが西部で生産縮小、車産業の不振で(10/21)

アダニ、40億ドル化学施設の調査で覚書(10/21)

西部砂漠で太陽光発電計画、30GW規模に(10/21)

ITC、中部州で食品工場整備に70億ルピー(10/21)

印格安ホテル「オヨ」、アパート賃貸へ進出(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン