• 印刷する

テイクオフ:デリーの冬に備え、じゅ…

デリーの冬に備え、じゅうたんを買いに出かけた。インドは、イランのペルシャ、中国の緞通(だんつう)と比肩するじゅうたんの名品、カシミールを誇る。

店はダンスホールのようで、中央は広々として何も置かれておらず、それを囲むようにソファ席と巻かれたじゅうたんの柱がいくつも立っている。予算と大きさ、イメージを伝えると、中央の床に次々とじゅうたんが広げられ、腰かけながら品定めするというわけだ。

床の絵画ともいえるほど図柄は緻密で美しいが、お値段にも息をのむ。居間用ならラック(十万)超えは当然で、円貨で30万~50万円。店主から「2代、3代と引き継がれたら」と提案され、目が覚めた。消耗品ではなく財産なのか。寒さをしのぐ以前に踏むことすらはばかられる。熱いミルクティーを飲みながらの優雅な「鑑賞会」で終わった。(丑)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インドとのタム国境、検問所を建設へ(14:47)

ボルボ、24年までに中古車事業を全土に拡大(19:16)

テイクオフ:今月初旬、首都ニューデ…(09/26)

ユニクロが初の黒字化 進出3年で達成、月内に8店舗目(09/26)

米新興フィスカー、印で電動SUVを来年投入(09/26)

〔政治スポットライト〕豪中外相会談、関係改善に向けた協力で一致(09/26)

気候対策で途上国不満噴出、国連総会(09/26)

米マラワ、インド南部に水素バス工場(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン