• 印刷する

テイクオフ:先週末、パキスタンの最…

先週末、パキスタンの最大都市カラチで、暴徒化した市民が世界的な電機メーカーの看板を破壊した。騒ぎの原因は不明だが、現地では、ショッピングモールに設置されたこの企業のWi―Fi(ワイファイ)機器が反イスラム的なコメントを表示したという説や、この企業が神を冒瀆(ぼうとく)するようなQRコードを使用したという説が広まっている。

カラチの警察は、同社に勤務する27人以上の社員を逮捕したという。騒動を受けて企業側は、「当社は全ての宗教的な感情や信念を尊重する。イスラム教に最大限の敬意を払っている」と釈明する事態に追い込まれた。

パキスタンでは最近、世界的な清涼飲料水メーカーの商品に表示されているQRコードが預言者の名前を表しているとして、ある男性がこの企業を告発した。外国人には奇妙に思えるかも知れないが、現地ではこうした問題が起こっている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

総額1.3兆円規模の投資承認 オディシャ州、鉄鋼中心に10件(08/12)

石油公社、第2世代エタノール工場を開所(08/12)

コロナで導入の航空運賃規制、8月末で撤廃(08/12)

アイシャーの4~6月決算、増収増益と好調(08/12)

自部品売上高、27年に最大11%がEV向けに(08/12)

JSW、1.75GWの再エネ発電施設を取得(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン