• 印刷する

テイクオフ:たとえ血の川が流れよう…

たとえ血の川が流れようとも2人目は生ませない――。そんな標語が広まった20世紀後半の中国。当時の中国社会は人口増加とそれに伴う食糧危機に神経をとがらせており、多産にはネガティブなイメージがつきまとった。そんな時代を経てきたせいか、中国は中絶に対する抵抗感が比較的薄い国とされてきた。

ただ、世相は目まぐるしく変わるもの。少子化が加速する近年、中国社会は一転して「いかに子どもを増やすか」に関心を寄せ始めた。年間数百万あるいは1,000万件以上とされる中絶にもやや否定的な見解がちらほら。

そんな中、米国最高裁は今月、中絶の権利は憲法上の権利でないと判示。保守的な州では中絶を規制する法律がさっそく有効となり、専門の施設が続々と閉鎖した。2つの大国は、そして世界はいったいどこへ向かうのか。最高裁の前で泣き崩れた女性たちは知る由もない。(陳)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

北部ボーテン経済特区、進出企業369社に(08/16)

テイクオフ:「やってしまった……」…(08/16)

7月は経済回復にブレーキ コロナ散発で小売・鉱工業不振(08/16)

7月のエネルギー生産、原炭は16.1%増(08/16)

MG、今年の販売台数目標を2割下方修正(08/16)

MLF金利引き下げ、7カ月ぶり(08/16)

4~7月の果物輸出、4500万米ドル(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン