• 印刷する

テイクオフ:成田空港に降り立つと、…

成田空港に降り立つと、わが日本は以前の日常を取り戻したかのように感じた。PCR検査の結果を空港係官に伝えた以外、コロナ関連で煩雑な手続きは一つもなかった。1年前に羽田空港で体験した面倒さがうそのようだ。

その日の朝、上海浦東空港。厳重な検査を経て入場した空港内部は防護服を着た空港関係者や航空会社係員の姿が見えるものの、旅客の数は少なく閑散としていた。防疫情報アプリへの登録や複数回にわたるPCR検査の確認などはあったが、思ったよりも面倒ではなかった。

今は海外渡航よりも上海から国内都市に行く方が面倒だよ。中国人の知人は、会社に命じられて出掛けることになった国内の出張先で何日間隔離が必要かを熱弁した。恨めしさを十分に込めて。こうした声も意識に働いたのか、成田空港の税関をすんなりと出られた瞬間、何だかほっとした。(崇)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クーデター後に110万人が失業 1~6月、条件悪化で生活苦しく(08/17)

テイクオフ:ここ数年、夏に恒例とし…(08/17)

商用EVで中国車が存在感 バスはシェア5割、貨物車も人気(08/17)

年内の消費に厳しい見方 コロナ禍足かせ、通年ゼロ成長も(08/17)

40度超の熱波続く、トヨタ電力不足で工場停止(08/17)

四川で電力逼迫、日系企業も稼働停止(08/17)

金融業界に高給制限、格差で庶民の不満蓄積(08/17)

専項債の資金使途を調整、地方で相次ぐ(08/17)

中国、景気対策検討=党大会控え世論意識(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン