• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルスのパ…

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のさなか、マスクを外して治療を受けることに抵抗を感じ、歯科検診を先延ばしにしてきた。しかし最近、歯茎に違和感を覚えるようになったため、一念発起して歯科を訪れた。

念入りに口コミを精査して、評判の良いクリニックを選択。女性歯科医は柔らかい物腰で、患者の質問にも根気よく対応してくれる。歯茎の違和感は虫歯によるものではなく、歯肉が退縮しているためだという。日頃、どれくらいの強さで歯を磨いているか聞かれたので「洋服の汚れを落とすくらい」と答えた。

歯科医によると、一度すり減ってしまった歯肉は回復することがなく、唯一の治療法は移植だという。歯茎を守るために、これからはやさしく力を抜いて磨くことを心がけよう。(張)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信6社、5Gネットワークに7割出資へ(07/01)

インドネシア、鶏肉の輸出許可(07/01)

運賃無料化の押し上げ効果薄く 人流調査、交通機関利用が35%減(07/01)

新規感染2605人、2日連続2千人台(07/01)

RM1=30.9円、$1=RM4.41(6月30日)(07/01)

ベルマツ9千台受注残、23年1Qまでに解消(07/01)

エアアジア、ベトナム2路線の運航再開(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン