• 印刷する

テイクオフ:「封鎖地域が増え、いつ…

「封鎖地域が増え、いつ上海のようになるのか戦々恐々としている」と話す北京の友人は、昨年10月に女児を出産した新米ママだ。家族が増えたこともあり最近、備蓄用に冷蔵庫を買ったそう。上海で冷蔵庫が売れているといううわさは耳にしていたが、北京でも備蓄需要が高まっているようだ。友人宅では食料だけでなく、おむつで家の中があふれかえっているという。

「感染状況が落ち着いている広州の政策はうまくいっているようですね」と言われるが、常に警戒しているのが実情だ。ビルの入り口では毎回健康コードの提示が求められるし、連休前後には一斉PCR検査の号令がかかる。先日は午後6時から検査と言われて並んだが、医療従事者が到着したのは午後8時過ぎ。2時間外で待たされへとへとになった。

「感染よりも政策におびえている」と語る友人。それは北も南も変わらない。(優)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕村上開明堂など(06/27)

テイクオフ:成田空港に降り立つと、…(06/27)

政府が過度な移動規制を批判 上海市民の市外移動の隔離緩和へ(06/27)

中国との資源開発協議打ち切り、外相(06/27)

独占禁止法を初改正、8月1日施行(06/27)

SKの地場ファウンドリー買収、中国も承認(06/27)

石炭業界2団体、夏の供給確保を指示(06/27)

中小企業、「人材採用凍結」2割=民間調査(06/27)

物流レオ、中国国営企業と戦略提携(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン