化学3社が最高益、価格転嫁奏功=22年3月期

【共同】化学大手7社の2022年3月期連結決算が13日出そろい、住友化学と信越化学工業、三井化学の3社の純利益が過去最高となった。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ製品需要の回復に加え、石油化学製品の基礎原料であるナフサ(粗製ガソリン)の値上がりを一定程度転嫁したこと…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車電機繊維その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

現地パートナーとの協業増加 ブーム到来の太陽光発電(下)(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

JERA、地場再エネ大手に150億円出資(08/18)

格安航空スクート、札幌線を11月に再開(08/18)

尹氏「譲歩と理解で解決」、日韓歴史問題(08/18)

日本勢は日産リーフのみ、米EV優遇(08/18)

ダイキン、ニムラナに研究開発センター設立へ(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン