オミクロン株派生型を確認、感染力強い恐れ

タイ保健省医療局(DMS)のスパキット局長は9日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の派生型「BA.5」と「BA.2.12」をタイ国内で確認したと発表した。「BA.5」は現在タイで主流となっている「BA.2」(通称『ステルスオミクロン』)よりも感染力が強いとみられ、警戒し…

関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

バイオ燃料アジア、製紙用木質片事業に投資(08/19)

新規の感染2110人、死者27人(19日)(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

最低賃金、引き上げ時期が焦点 前倒し求める政府、産業界は反発(08/19)

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

新規の感染2143人、死者29人(18日)(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

二輪ロイヤル、350ccの新型車発売(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン