• 印刷する

テイクオフ:男子テニスのノバク・ジ…

男子テニスのノバク・ジョコビッチ選手の問題は、彼の国外退去で終わった。今回の件では、オーストラリアが法手続きを重視する国だとの印象を与えた。最終的に連邦政府寄りの判決が出たとはいえ、法律に準じた手続きが行われなかったとして、1回目のビザ取り消しが裁判で覆されており、政治におもねる司法制度ではないことを示した。

またギラード労働党政権時代に、難民をどのような形であれ上陸させないために、マレーシア政府との間で、同国に難民収容所を設置することで合意したが、難民を支援する弁護士が提訴。結果として最高裁は、難民収容所の設置を差し止める判決を下していたのを思い出す。

日常社会では、法律は場合によって融通を利かせる国だけに、ジョコビッチ選手の問題の背景には裏の事情があるのかもしれない。(欣達)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(21:11)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

テイクオフ:住んでいる地区のSNS…(05/27)

豪EV販売、200%超増加 テスラ「モデル3」がダントツ(05/27)

民間設備投資、1Qは0.3%減も今後は良好(05/27)

〔政治スポットライト〕豪財政悪化へ、前政権が圧迫要因開示せず?(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン